生産性向上とは?メリットや具体的な6つの施策を解説

少子高齢化による労働力人口の減少や、長時間労働の見直しなどの働き方改革が求められる中、企業が持続的な成長を続けるためには、限られた人員・限られた資源で収益をあげること、すなわち「生産性向上」が重要なテーマです。しかし、生産性向上とは具体的にどのような意味、取り組みを指すのかわからない方も多いでしょう。

本記事では、基礎知識や生産性を高める方法、取り組む際の注意点、企業の取り組み事例について解説します。活用できる助成金や補助金についても紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

【お役立ち資料】生産性向上につながる、業務整理のノウハウBOOK

労働人口の減少等により、生産性向上への意識が高まっています。従来の業務手法を見直し、改善する必要が出ていますが、そもそも自分の職場において、現在の業務に課題があるかどうか、 あればどのような課題があるのか、明確に把握できていますか。

たとえ「現在の業務には特に問題がない」「これまでのやり方で進めてきた」と感じていても、実は隠れた「ムダ」が存在しているかもしれません。

パーソルグループでは、BPR・業務改善をご検討中の方に、業務改善コンサルティングの現場での事例を基に、 具体的な業務の見直し方法や業務改善の進め方、コツについて解説した「業務改善コンサルタントが教える、業務整理ノウハウBOOK【業務の見える化チェックシート付き】」を作成しました。ぜひ自社の業務改善にご活用ください。

資料をダウンロードする(無料)

目次

生産性向上とは

「生産性向上」とは、限られた人員・限られた資源で大きな成果を生み出すことを指します。「付加価値額」の定義や計算式の詳細は後述しますが、例えば以下のようなケースにおいて、生産性が向上したといえます。

項目 元の状態 変化後
1時間あたりの付加価値額 5,000円 6,875円
1時間あたりの生産量 3個 4個

生産性向上が何かを知るためには、そもそも生産性とは何かを押さえておくことが重要です。

「生産性」とは「従業員数や労働時間数に対してどれだけの成果が出せたか」を表す指標です。総務省の「情報通信白書」によると、次のように書かれています。

『生産性』とはその効率性を指す概念であり、これを定量的に表す指標の一つとして『労働生産性』が用いられている

生産性の指標には「物的生産性」や「付加価値生産性」もありますが、日本では「労働生産性」を指すことがほとんどです。労働生産性は基本的に、アウトプットをインプットで割ることで計算されますが、何をもとに考えるかによって「付加価値労働生産性」と「物的労働生産性」の2つに分類されます。ここでは、それぞれの定義、計算式、生産性向上の例について紹介します。

1.付加価値労働生産性(付加価値額 ÷ 労働量)

労働者数・労働時間あたりに生み出した「付加価値額」を測る指標です。付加価値額とは、売上から諸経費を引いた粗利を指します。

▼付加価値労働生産性の計算例
例えば、売上高が300,000円の工場で原材料費に140,000円かかった場合、付加価値額は売上高ー費用で160,000円です。従業員4人が8時間労働した場合だと、労働量は32時間です。これをもとに付加価値労働生産性を計算すると、以下になります。

付加価値労働生産性 :付加価値額 / 労働量 = 160,000円 / 32時間 = 5,000円

この工場では、1時間あたり5,000円の付加価値を生み出しています。従業員がどれだけの価値を生み出しているかがわかるため、生産性向上の指標は一般的に付加価値労働生産性が用いられています。

▼付加価値労働生産性の向上例
上記の例において生産性が向上したといえるのは、同じ労働時間=32時間と人員=4人を維持しながら、付加価値額を増やした場合です。これは、売上の増加や各種経費の削減によって達成されます。

例えば、売上高が300,000円から350,000円に増加し、原材料費が140,000円から130,000円に削減された場合、付加価値額は220,000円です。この場合、付加価値労働生産性は「220,000円 / 32時間 = 6,875円」となり、生産性が向上しているといえます。

2.物的労働生産性(生産量 ÷ 労働量)

労働者数・労働時間あたりに生み出した生産量や生産個数といった、目に見えるものを測る指標です。

労働量を労働人数にすれば、労働者1名あたりの物的労働生産性になり、労働量を労働人数×労働時間にすれば、労働者1名1時間あたりの物的労働生産性を算出することができます。

▼物的労働生産性の計算例
例えば、労働者4人が8時間で、製品を100個生産したとします。この場合、労働量は先述の例と同じく「4人×8時間=32時間」です。この条件をもとに物的労働生産性を計算すると以下の通りです。

物的労働生産性:生産量 / 労働量 = 100個 ÷ 32時間 = 3.125(個/時間)

これは、従業員1人あたりの労働時間に対して、平均して約3.125個の製品を生産していることを意味します。

▼物的労働生産性の向上例
上記の例においては、同じ労働量=32時間を維持しながら、より多くの製品を生産することで生産性向上が達成されます。製造プロセスの改善による作業効率の向上などで実現可能です。

例えば、同じ労働者4人が8時間はたらき、製品の生産量が100個から150個に上がったとします。物的労働生産性は「100個 ÷ 32時間 = 3.125(個/時間)」から「150個 ÷ 32時間 =4.688(個/時間)」となるため、生産性が向上しています。

【関連記事】労働生産性とは?定義や計算方法・向上させるポイントを解説

生産性向上と業務効率化の違い

「生産性向上」は「業務効率化」と混同されますが、この2つは厳密には異なります。 生産性向上は「成果」を重視しているのに対し、業務効率化は時間や費用のコストを下げるなど「改善」に向けた取り組みを指しています。

業務効率化は3Mと呼ばれる「ムリ」「ムダ」「ムラ」を削減し、業務を合理化します。具体的に業務の「ムリ」とは、過密なスケジュールなど過剰な負担がかかることです。「ムダ」は予算やスケジュール・人員などに余剰が生じることです。「ムラ」は時期によって仕事のボリュームが変化することを指しています。

業務効率化は労働投入量(従業員数もしくは労働時間数)の効率化につながるため、いうなれば「生産性向上を達成するための手段の一つ」と認識すべきでしょう。

【関連記事】業務効率化の進め方|手法や具体的な改善アイデア・成功事例も解説

生産性向上が求められる背景

生産性向上が重要視されている背景は主に以下の3つです。

  1. 労働力人口の減少
  2. 国際競争力の低下
  3. 従業員の意識変化

1.労働力人口の減少

高齢化が進む日本では、最もはたらき盛りの30歳以上は減少の一途をたどり、2000年には4,686万人だった人口が2030年には4,501万人になると予想されています。

労働力人口の推移

 
【出典】厚生労働省「平成29年版厚生労働白書」より作成

今後、多くの業界・企業で人材不足が深刻化することは明白でしょう。そのため、今までと同じはたらき方は、一人ひとりの負担が大きくなり、生産性が低下するため企業は衰退していく一方です。

限られた人員で競争力を維持するには、同じ時間でより多くの生産活動ができる仕組みが必須と言えるでしょう。

【関連記事】人手不足の現状と原因|深刻な業界と6つの解決策

2.国際競争力の低下

日本生産性本部の「労働生産性の国際比較2022」によると、2021年の日本の一人当たりの労働生産性は81,510ドル(約1,061万円)で、OECD加盟38カ国中29位(2020年は28位)と、1970年以降最も低い順位になっています。

今後国内市場が縮小していく中、激化するグローバル市場で勝ち残っていくためには、限られた資源で価値の高い商品やサービスを生み出す必要があります。そのためにも、生産性向上は不可欠です。

3.従業員の意識変化

「働き方改革」の促進によって、ワークライフバランスを実現できる、はたらきやすい環境を従業員が求めるようになっています。生産性向上への取り組みが進んでいない企業ほど、従業員の総労働時間が減らない傾向にあり、ここから脱却しないことにはいずれ人材の確保が難しくなるのは間違いありません。

このような背景から、一人ひとりの生産性を上げることが、近年さらに重要なテーマとなっているのです。

【関連記事】働き方改革に対応して魅力ある職場づくりと生産性向上を実現する方法

生産性向上が企業にもたらすメリット

生産性向上は、企業に大きなメリットをもたらします。ここでは代表的な3つのメリットを説明します。

1.コスト削減

時間や工程の効率化により、従業員の労働時間を短縮できます。人件費などのコスト削減が期待できるほか短縮できた時間を既存製品やサービスの付加価値向上のための業務に注力できるようになります。

【関連記事】コストカットとは|削減アイデアと成功事例・NG例を解説

2.人材不足の解消

AIやRPAを導入し、生産性向上を実現することで、人材不足の解消につながると考えられます。これまで人が関わってきた仕事を自動化できれば、従業員は「人にしかできない仕事」に集中でき、限られた人材でも効率良くはたらけるようになります。

また、自動化できる仕事が増えれば、人が担うべき業務量が減り、業務をこなすのに必要な人手も減少します。そのことも人材不足解消が期待できる理由の1つです。

3.離職率の改善とモチベーション向上

従業員一人ひとりの生産性が上がり、組織の生産性が向上すれば、業績は拡大していきます。業績が良くなれば、給与をはじめとした各種待遇を改善できるようになります。

従業員は、企業へのエンゲージメントが高くなったり、業務に対するモチベーションが向上します。企業への不満が減り満足度が高まることで、自社に長く勤続するモチベーションが湧くようになり、離職率の低減も期待できるでしょう。このように、生産性の向上はさまざまなメリットを生みます。

生産性向上を図る6つの施策

では、具体的にどうすれば生産性を向上できるのでしょうか。生産性向上は、時間や工程の効率化を図る、または革新的なビジネスを創出するなど付加価値を増やすことができた時に実現します。

 
【出典】総務省「ICTによるイノベーションと新たなエコノミー形成に関する調査研究」(平成30年)より作成

効率または付加価値を上げる具体的な施策として、以下の6つが挙げられます。

  1. 「ムダ」な業務の洗い出し
  2. 業務の標準化
  3. 適切な人員配置
  4. テクノロジーの活用
  5. ノンコア業務のアウトソーシング
  6. 従業員のエンゲージメントを高める施策の実施

1.「ムダ」な業務の洗い出し

生産性向上のためにまず取り組むべきことは、業務を棚卸しし、業務量や業務フローを正確に把握することです。そのうえで慣習的に続けられている重要度の低い業務や簡略化できる業務があれば、積極的に改善を図りましょう。

その際、担当者のみで取り組むのではなく、現場の従業員の意見も聞くことで、管理者の立場からは想定できていなかった過剰なコストやムダな工程が発見できる可能性があります。

【お役立ち資料】業務改善コンサルタントが教える、業務整理ノウハウBOOK

「どこまで業務を洗い出せばいいの?」と悩んでいる方向けの資料です。業務改善コンサルタントが現場の具体例をもとに、業務を洗い出す方法を3つのポイントから解説します。

資料をダウンロードする(無料)

2.業務の標準化

業務がマニュアル化されていないため、成果物の品質にばらつきが生じ、結果的に時間の無駄が発生していることもあるでしょう。

業務効率化を進めるには、業務をマニュアル化し、誰が担当しても同様の品質を維持できる状態を作ることも大切ですマニュアルが存在すれば仕事のミスを未然に防ぎ、修正に費やす時間を削減できます。

また、使用する書類のフォーマットを企業全体で統一することで、作成や確認作業の削減にもつながります。

【関連記事】業務標準化とは?目的やメリット、失敗しない進め方を解説

3.適切な人員配置

適切な人員配置も企業の生産性に大きく関わります。業務内容に求められるスキルや適性を持った人材が配置されていないと、業務効率が低下します。

従業員それぞれの現在保有している資格やスキル、業務経験を収集して、情報を管理しておきましょう。一人ひとりの情報を確認できる状態にしておけば、適切な人員配置の計画が立てやすくなります。

従業員が新たなポジションに立候補する道をつくっておくことも大切です。本人の意思に反して新たなポジションに就かされた場合はモチベーションは低下します。一方で、立候補で採用された場合には、モチベーションも大きく向上するため、能力が最大限に発揮される可能性が高くなります。

また、部署内で業務への習熟度に偏りが出ていないことも重要です。習熟度が高く、指導が行える人材に対し、研修や指導が必要な従業員の数が多すぎると、育成計画が難航したり、マネージャーの負担が高くなりすぎたり、効率の低下につながります。

人員配置を考える際には、個々の性格やスキル、本人の志望、配属部署の現状を踏まえて、選定することが重要です。

【関連記事】人員配置とは|最適化する手順やポイントを解説

4テクノロジーの活用

定型的かつ日常的に発生する業務に関しては、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)のようなテクノロジーを活用し業務の自動化を図ることも生産性の向上に有効です。RPAはオフィスの定型業務をソフトウェアで自動的に行うツールです。

RPAを取り入れやすい業務

  • データ入力
  • チェック作業
  • データの分析
  • 社内システムと業務アプリのデータ連携 など

RPAを活用することで、人的ミスの削減や作業スピードの向上につながります。また、24時間稼働できるため、人的コストを減らしつつも、作業スケジュールを大幅に短縮することが期待できます。

【関連記事】RPAとは?特徴やメリット、得意な業務、導入事例を徹底解説

5.ノンコア業務のアウトソーシング

事務処理など企業の利益に直結しない業務を外部にアウトソーシングすることで、従業員が本来注力すべき業務にかける時間を生み出すことが可能です。RPAでは行えないような複雑な工程がある業務も、アウトソーシングであれば効率化できる可能性があります。

社員が担当すべき業務と外注できる業務を適切に仕分けし、必要に応じてアウトソーシングを検討してみましょう。

▼アウトソーシングが推奨される業務例

【関連記事】アウトソーシングとは?意味や導入のメリットを簡単に解説

6.従業員のエンゲージメントを高める施策の実施

業務の見直しに加え、従業員のエンゲージメント向上も重要です。

エンゲージメントとは

企業に対する愛着や理念・ビジョンに対する共感のことを示す。

エンゲージメントが高い状態になることで、モチベーションの向上につながり、結果的に生産性が向上します。エンゲージメントを向上させるための適切な施策は、企業によって異なりますが、以下のような施策が考えられます。

  • 社内コミュニケーションを活性化させる
  • 公正で客観的な人事評価制度を構築する
  • 自律的に働ける環境を整備する

まずは社員と会社の愛情や心のつながりを調査・可視化するサーベイなどを用いて自社の現状を正しく把握し、適切な施策を実践しましょう。

【関連記事】エンゲージメントサーベイとは?目的やポイント、設問例を紹介

生産性向上のコツ

「効率の向上」と「付加価値の向上」が生産性を上げるとはいえ、やみくもに新たな施策を実行しても、現場が疲弊してしまい、マイナスの結果を生み出しかねません。 

ここからは、生産性向上に取り組む際に押さえておくべきことを経済産業省の「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」を参考に見ていきましょう。

  1. 自社の理念に立ち返る
  2. 事業コンセプトを再構築する
  3. 長期的視点で取り組む

1.自社の理念に立ち返る

自社が何を目的とする会社なのか、自社が提供しているサービスは何のためにあるのか、今一度その理由を考えてみましょう。

このとき、消費者視点に立って「それは社会のニーズに沿っているのか」に注意することも大切です。

2.事業コンセプトを再構築する

自社の理念が明確になったあとは、事業コンセプトに目を向けましょう。ここで重要なのは「誰に」「何を」「どのように」提供するのかを考え、常に一貫させること。どれか一つでもズレてしまっていたら、生産性向上にはつながりません。具体的な考え方は以下です。

「誰に」を考える 

自社のサービスや商品の特徴を見極め、顧客層を特定します。同時に潜在的な顧客の顕在化にも目を向けると、サービスや商品の提供範囲が広がり、生産性向上につながります。

「何を」を考える 

「誰に」が定まったら、顧客のニーズに合ったサービスを考える必要があります。自社が過去に提供していたサービスや他社との差別化要素もしっかりと見つけておきましょう。顧客の期待値を上げることは、生産性向上に欠かせないプロセスです。

「どのように」を考える 

「誰に」「何を」提供するかが決まったら、どのように実行に移すかを考えます。例えば、どんなサービスを提供しているのか情報をしっかりと開示することは重要でしょう。それを見て、顧客は自分のニーズと合致しているかが判断できるため満足度が上がります。

以上のことを考えた上で生産性向上に取り組みましょう。

3.長期的視点で取り組む

生産性向上の取り組みはすぐに変化が表れるわけではありません。研修を導入したりマニュアル化したりとコストだけかかって一向に効果が出ないと不安に感じることもあるでしょう。

しかし、生産性向上のための投資は「こんなことをやっても意味がないから、予算は別に回そう」と諦めず、長期的視点で取り組む姿勢が大切です。中小企業でもIT設備など成長のための投資を惜しまない企業は、効果を発揮しやすい傾向にあります。

例えば、決裁において何人ものハンコの確認が必要などアナログなやり方を変えないと、生産性は下がっていく一方です。変化を恐れずに新しいものを取り入れる姿勢も、生産性向上には欠かせません。

【関連記事】バックオフィスのDX|5つのメリットと業務効率化の方法を解説

中小企業の生産性向上に活用できる助成金

厚生労働省や各自治体は、生産性向上に取り組む企業に向けたさまざまな助成金制度を設けています。一つひとつ簡単に確認してみましょう。

ものづくり補助金

補助額:100万~3,000万円(一般型は最大1,000万円、グローバル展開型は最大3,000万円)/補助率1/2(原則)

新商品やサービスの開発といった経営改革や生産性向上に関連する設備投資に関して支援が受けられます。

応募条件

①付加価値額+3%以上
➁給与支給総額+1.5%以上/年
③事業場内最低賃金(1人当たりの時間給)地域別最低賃金+30円

上記の要件を満たす3~5年の事業計画を策定・実施する企業なら誰でも応募可能。

過去には「複数形状の餃子を一度に製造できる餃子全自動製造機」の開発のために補助金を活用した企業もあります。

【参考】全国中小企業団体中央会「ものづくり補助金総合サイト」

持続化補助金

補助額:50〜200万円/補助率:2/3

店舗の改装やチラシの作成、広告掲載など、ブランド力を高めて販路開拓を目指す企業が対象です。

応募条件

提出する事業計画期間で下記を見越していることが必須条件。

・給与支給総額が年率平均増加
・事業場内最低賃金を地域別最低賃金より増加

この補助金を活用し、外国語版ウェブサイトや営業ツールを作成した旅館は問い合わせ件数が倍増したという成功例もあります。

【参考】独立行政法人中小企業基盤整備機構「補助金」

IT導入補助金

補助額:30万~150万円未満(A類型)、150万~450万円(B類型)/補助率:1/2

業務効率化や顧客獲得など生産性向上につながるITツールの導入を支援します。

応募条件

事業計画期間で下記を満たすことなどが加点要件となります。

・給与支給総額が年率平均1.5%以上向上
・事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上

とある企業は人材に限界を感じ「長年の勘」からの脱却を図るべく販売管理システムを導入し、売上の高い得意先の需要予測や仕入れ単価の推移の見える化により、売上増加を可能にしました。

【参考】独立行政法人中小企業基盤整備機構「補助金」

業務改善助成金

助成上限額:20万円~100万円/助成率:事業場内最低賃金900円未満の場合は4/5、生産性要件を満たした場合は9/10、事業場内最低賃金900円以上の場合は3/4、生産性要件を満たした場合は4/5

応募条件

中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資を実施し、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合に費用の一部を助成。

この制度を活用して勤怠管理システムを導入した企業は、報告業務の効率化が図れたことで、勤怠管理報告作業が従来と比較すると月平均6時間削減しています。

【参考】厚生労働省「業務改善補助金」

生産性向上を実現した企業の取り組み事例

最後に、生産性向上に取り組み、成果を上げている企業の事例をみてみましょう。以下は厚生労働省の「生産性向上の事例集」から抜粋した事例です。事業場を対象にした「時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)」や「業務改善助成金」、業界団体が対象の「業種別中小企業団体助成金」の活用事例にもなっていますので、助成金活用の参考にしてください。

食品製造販売業A社|ベルトコンベアの導入による弁当の盛りつけ作業の効率化

新潟県にある食品製造販売業者は、弁当製造の際の盛りつけ時間を削減したいという課題を抱えていました。これまでは配膳台の周りを従業員が移動して盛りつけていたため、非効率なはたらき方になっていたのです。そこで助成金を活用してベルトコンベアを導入したところ、盛りつけ時間が2時間から1時間30分に短縮。作業時間の削減により、28人の従業員の時間給(事業場内最低賃金)を30円引き上げることに成功しています。

船具・船舶用塗料販売業B社|販売管理ソフトの導入で在庫管理を適正化

熊本県の船具・船舶用塗料販売業者は、販売管理ソフトと連動した在庫管理による適正な仕入れと販売管理時間の削減を目指し、助成金を活用。一連の業務にかかる時間が30分~1時間削減できたことで生産性が向上しました。結果、1人の従業員の時間給(事業場内最低賃金)を124円、事業場内最低賃金以外の従業員の賃金の引き上げも実施できました。

食料品製造・販売業務C社|もやし栽培枠反転リフターの導入による作業可能者数の増加と作業の平準化

佐賀県の食料品製造・販売業者は、フォークリフト免許を持つ特定の社員にもやし投入作業の業務負荷が偏っている課題を抱えており、助成金を活用。もやし栽培枠反転リフターを導入して、もやし投入作業ができる社員を増やしました。免許保有者以外も作業できるようになったため、製造業務の平準化ができました。

生鮮食料品小売業D社|セミセルフPOSレジの導入によるレジ業務の効率化

熊本県の生鮮食料品小売業社には、顧客の多い時間帯にレジ待ちの行列ができる課題がありました。原因は、購入代金や釣銭の受け渡しまでを全て従業員が行っていたためです。セミセルフPOSレジの導入に補助金を活用。結果的に、レジの生産時間が1.5倍の速さになり、預り金や釣銭の受け渡しの間違いもなくなりました。生産性が向上し、23人の従業員の時間給を52円引き上げることに成功しました。

まとめ|生産性向上は人材不足解消や国際競争力アップに必須

生産性向上は企業の成果を高めることはもちろん、社員の満足度にも直結しています。健全な労働環境を実現するためにも、生産性向上に取り組むことは重要です。

社会構造や社会制度が大きく変わっている今、じっくりと向き合ってみましょう。

【お役立ち資料】生産性向上につながる、業務整理のノウハウBOOK

労働人口の減少等により、生産性向上への意識が高まっています。従来の業務手法を見直し、改善する必要が出ていますが、そもそも自分の職場において、現在の業務に課題があるかどうか、 あればどのような課題があるのか、明確に把握できていますか。

たとえ「現在の業務には特に問題がない」「これまでのやり方で進めてきた」と感じていても、実は隠れた「ムダ」が存在しているかもしれません。

パーソルグループでは、BPR・業務改善をご検討中の方に、業務改善コンサルティングの現場での事例を基に、 具体的な業務の見直し方法や業務改善の進め方、コツについて解説した「業務改善コンサルタントが教える、業務整理ノウハウBOOK【業務の見える化チェックシート付き】」を作成しました。ぜひ自社の業務改善にご活用ください。

資料をダウンロードする(無料)

よくあるご質問

Q1.「生産性」とは?

A1.「生産性」とは「従業員数や労働時間数に対してどれだけの成果が出せたか」を表す指標です。「1人当たりの付加価値額」と呼ばれることもあり、次の式で計算されます。

1人当たりの付加価値額 = (営業利益 + 人件費 + 減価償却費) ÷ (従業員数・もしくは労働時間数)

>>「生産性」とは

Q2.生産性向上がもたらすメリットは?

A2.生産性が向上することで以下のようなメリットが期待できます。

・コスト削減
・人材不足の解消
・離職率の改善とモチベーション向上

>>生産性向上が企業にもたらすメリット

Q3.生産性はどのように向上できるのか?

A3.「時間や工程の効率化」と「サービス価値の向上」を実現することで生産性が向上します。生産性向上に向けた施策は以下のようなものが挙げられますが、どの施策が適しているかは企業が抱える課題によって異なります。

・「ムダ」な業務の洗い出し
・業務の標準化
・適切な人材配置
・テクノロジーの活用
・ノンコア業務のアウトソーシング
・従業員のエンゲージメントを高める施策の実施

>>生産性向上を図るための施策6つ