Human Resources 人事制度

複線型の等級制度

職務遂行能力で等級を区分する、職能等級制度です。一定等級以上は原則として、マネジメントコースまたはエキスパートコースを選択する、複線型の人事制度を採用しています。コースは、一度選択したあとも変更が可能です。組織から要請する場合もありますが、本人のキャリア選択も大切にしながら検討していきます。

複線型の等級制度

成果や行動の「発揮」を見る
評価制度

目標設定に基づき、「その期間中に発揮された成果(Performance評価=P評価)」 と、「その成果を導くために実行された、再現性ある行動(Value評価=V評価)」の2軸で評価します。
「スキル・知識」や「姿勢・マインド」といった、「保有能力」の開発についても目標を設定しますが(=V要素)、能力を保有しているだけでは直接評価には反映せず、発揮されたものを評価することとしています。

成果や行動の「発揮」を見る評価制度

目標設定と接続する
キャリアデザイン

年に1回、上司と部下でキャリアデザイン面談を実施します。これまで~現在のキャリアや、強み・課題、これから実現したいビジョンと大切にするポリシーを確認し、より中長期的な将来像や目標をすり合わせます。その内容を半期~通期の目標設定に接続させながら、キャリアプランの実現を目指していきます。

目標設定と接続するキャリアデザイン
複線型の等級制度
成果や行動の「発揮」を見る評価制度
目標設定と接続するキャリアデザイン