1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 社会貢献活動

社会貢献活動

寄付活動

Work, and Smile for Donation

笑顔に応じて寄付を実施する「Work, and Smile for Donation」を実施しています。
各オフィスにて笑顔測定器を設置し、巡回することで、測定をきっかけに社員の笑顔を増やしメンタルヘルスの向上を目指すほか、笑顔とはたらく人の幸福度や社内コミュニケーションに関する調査も実施しました。グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を目指します。

寄付月間(毎年12月)

パーソルグループではNPO、大学、企業、行政などが幅広く集い、毎年12月、寄付について考えたり、実際に寄付してみたりする全国的なキャンペーン「寄付月間(Giving December)」に賛同し寄付活動を推進しています。
2020年はグループ全社へ呼びかけ、書き損じはがきや切手、古本など自宅やオフィスで不要となったモノ、その他日用品や未開封飲料などにより計14件、495,759円相当を医療団体および生活サポート団体中心に寄付を実施しました。

次世代育成

カンドゥー(イオンモール幕張新都心)

はたらくことそのものを輝かせ、人生を楽しむことにつなげてゆくためにすべてのはたらく人へのエールを込めて、パーソルグループでは、多くのお子さまに、世の中にはたくさんの仕事があること、さまざまなキャリアの可能性が広がっていることに気づくきっかけを提供したい、という想いのもと、お子さまから大人まで楽しめるお仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に出展しております。

立教大学経営学部BLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)

立教大学経営学部のコアプログラムであるビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)へ2018年より参画しております。BLPはウェルカムキャンプやリーダーシップ入門等、段階的にリーダーシップを開発する経験学習モデルに基づいた少人数のアクティブラーニング形式で行われる授業プログラムです。パーソルグループではBL2という経営学部2年生約300名を対象にした授業をサポートしております。

42 Tokyo

「挑戦したいすべての人に質の高い教育を」を理念に、世界各国に展開しているフランス発のエンジニア養成機関 「42(フォーティーツー)」。パーソルグループは42の東京校、 「42 Tokyo」に2020年より協賛しています。24時間利用可能な施設、学生同士で課題を克服するピアラーニング、学費完全無料など新しい仕組みを持つ「42 Tokyo」とともに、社会で活躍するエンジニアの育成をサポートし、日本のIT業界の人材の底上げに寄与しています。

ダイバーシティ

パラリンアート

パーソルグループは、世界各国の障害者アートのワールドカップとして、世界中の障害者アーティストが人種・障害・性別・年齢を超えて社会で活躍できる機会が生まれる場を目指すパラリンアート世界大会に、2019年より協賛しております。また、2020年度のテーマ『平和/Peace』をもとに、パーソルグループの特例子会社であるパーソルサンクスに勤務しながらパラリンアートのアーティストとして活動する丹野氏が描き下ろした作品を統合報告書の表紙に採用しております。

Ally活動

パーソルグループでは多様性に溢れるメンバーの強みを活かすべく、多様性を「属性」「価値観」「能力」という3つの観点に分け、ビジョン実現に向けた具体的な取り組みに着手しています。平等な機会のもと、個々人が持つ能力のシナジーを生かし、はたらくことを通じてメンバーの可能性を最大限に引き出し、これからも、パーソルグループは、一人ひとりが輝ける未来に向けて、「はたらく」を通じてすべての方を応援してまいります。