1. ホーム
  2. 企業情報
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

日々刻々と変化する日本の労働市場

人生100年時代と言われて久しいなか、労働力人口の減少を背景に、日本の雇用、人材活用、組織マネジメントにおいて、大きな変化が起きています。
終身雇用の崩壊、国際競争力の低下、一人当たり労働生産性の改善が課題となる今、「ジョブ型雇用」や「ミッショングレード」の設定など、多くの企業では雇用や人材活用のあり方を見直し始めています。
さらにコロナ禍は我々の生活だけでなく、産業構造、労働市場、そしてはたらき方の変化を一気に加速させました。同時にテクノロジーの活用やDX推進、リモートワークへのシフトに伴う個人の成果や評価の明確化など、新たな課題が顕在化しています。

はたらき方も新しい時代へ

個人のはたらき方の多様性はさらに広がり、生き方すらも変わってきています。
このような時代において、“はたらくことは、生きること”であるとの想いを基に、パーソルグループははたらく個人にしっかりと向き合っていきます。

あらゆる個人がより良い人生を送るためには、“はたらく”における選択肢が増え、自分で選び、決められるようになることが重要だと考えています。
個人に対し、「気づき」「はたらく機会」「仕事の選択肢」を提供するとともに、時には背中を押して新たなチャレンジを支援する。
人から指図や強制されるのではなく、自分で決めた仕事だからこそ、やりがいや責任を感じることのできる環境を提供する。
それが、パーソルグループが目指す社会であり、私たちの新しい価値創造だと考えています。

世界中の誰もが“はたらく”を通じて笑顔になる社会に

私は、パーソルグループを社会にとってなくてはならない存在、尊敬されるグループにしたい。そして何より、パーソルグループではたらく社員一人ひとりが、自身の仕事に誇りを持ち社会への貢献を実感できる会社にしたいと考えています。
世界中の誰もが“はたらく”を通じて笑顔になるよう、個人、組織、企業の成長を支援し伴走することで、「はたらいて、笑おう。」を最大化する。これが私たちパーソルグループの使命であると考えています。

2021年4月1日
パーソルホールディングス株式会社
代表取締役社長 CEO
和田 孝雄