1. ホーム
  2. 企業情報
  3. ガバナンス・コンプライアンス
  4. 危機管理

危機管理

危機管理に関する取り組み

1. 危機管理の基本的な考え方

パーソルグループでは、自然災害、感染症の大流行、その他グループの経営や事業活動に重大な影響を与える危機の発生に備え、「グループ危機管理規程」を制定のうえ、危機管理体制の強化に努めております。
また、危機が発生した場合、影響を最小限にとどめるため、4つの基本方針に則り、迅速かつ的確に対応することとしています。
①安全確保、②顧客資産保護、③会社財産保護、④事業継続

2. 平常時の取り組み

パーソルグループでは、危機の発生に備え、初動対応及び事業継続に関するマニュアル類を策定しています。
定期的に訓練等を実施し、これらマニュアル類の課題を抽出、改善を行うなど、実行性の向上に取り組んでおります。
また、全社員・スタッフを対象とした安否確認システムを導入し、危機発生時には迅速に安否を確認、速やかな支援につなげる体制を整えています。

平常時の取り組み

3. 緊急時の体制

緊急時には、危機の重大性に応じて、当社代表取締役社長を本部長とした緊急対策本部をパーソルホールディングスに設置します。
緊急対策本部では、上記4つの基本方針に基づき、グループ横断的な情報の収集および伝達を迅速に行うとともに、グループ対応方針について速やかに意思決定し、実行することとしております。
また、SBU(Strategic Business Unit)の緊急対策本部と連携し、SBUおよびグループ各社の危機対応に関して必要な支援を行います。

緊急時の体制