Diversity, Inclusion &
Equalityの
Diversity, Inclusion &Equalityの理解・促進2020.2.19

約2万人以上の社員を対象に
DI&Eリテラシー研修を実施

パーソルグループでは、「Diversity, Inclusion & Equality(ダイバーシティ、インクルージョン&イクオリティ)」(※以下DI&E)の考え方を理解、促進するために、国内グループ29社2万5千人を対象に、eラーニングによるリテラシー研修を実施しました。受講後の社員満足度、理解度ならびに共感度は85%を超える結果となりました。

by パーソルグループ

「はたらいて、笑おう。」の実現に、
DI&Eは必要不可欠

すべての人たちがはたらいて笑える社会を実現するために、多くの人々の気持ちや考え方、立場を理解し、想像することができるメンバーの存在と、その活躍は必要不可欠です。そのため、パーソルグループでは多様性を「属性」「価値観」「能力」という3つの観点に分け、ビジョン実現に向けた具体的な取り組みに着手しています。取り組みの基本的な考え方を「PERSOL DI&E SPIRAL」として表現し、ポジティブな循環が生まれる企業文化をつくっていく方針です。その一環として、パーソルグループではたらく全社員がDI&Eの考え方や基本的な知識を理解する必要があると考え、以下4点に重点を置いたリテラシー研修を実施しました。

  • パーソルグループのDI&Eの考え方に関する理解
  • 多様な属性、多様な価値観に関する理解
  • アンコンシャスバイアスに関する理解、自覚
  • 上記を踏まえた、多様な人材との協働を可能とするスキル(コミュニケーション・リーダーシップ等)

※アンコンシャスバイアスとは、無意識のうちに身についた偏見や思い込みのことです。

写真

社員からの反響と
見えてきたもの

リテラシー研修実施後、社員からは研修実施に対する肯定的な意見や、研修を通じて自身や所属組織の在り方について考える機会となった等、前向きな意見が多数ありました。

限られた人が意識を変えようとしても難しいですが、研修という形だと全員の共通認識がとれて、非常にありがたいです。(派遣・BPOセグメント)

会社として明確に「DI&E」を推進していくことは、育児中である自分にとっても勇気をもらえるものだと思いました。(リクルーティングセグメント)

このような研修は、社会人としても、一人の人間としても大いに改められる所があります。定期的に実践していきたいと思いました。(エンジニアリングセグメント)

従業員が一緒にはたらくメンバーの良さを知り、一人ひとりの多様性を活かせ、のびのびはたらける環境が生まれると良いなあと思います。(コンサルティング/リサーチ/研修/その他)

一方で、組織内に存在するアンコンシャスバイアスについても多数の声がありました。

DI&Eの推進を通じた今後の思い

すべての人たちがはたらいて笑える社会を実現するため、パーソルグループには多くの人々の気持ちや考え方、立場を理解し、想像することができるメンバーの存在が必要不可欠だと考えています。
今後もリテラシー教育に留まらず、様々な取り組みを通じて、Diversity, Inclusion & Equalityを浸透させ、「はたらいて、笑おう。」の実現に邁進していきます。

プロフィール写真

パーソルホールディングス株式会社
グループ人事本部 人事企画部 人事企画室
室長

大廣 貴志

NEXT STORY
写真

2020.4.20

セクシュアルマイノリティを
理解し支援する
アライ(Ally)活動

PREV STORY
写真

2020.2.19

社員の成⻑やビジョン実現
社会貢献につながる
「複業」制度の導⼊