アウトソーシングと人材派遣の違いは?使い分けのポイントを解説

業務改革(BPR) 人事 総務

自社の従業員以外の外部人材を活用する、代表的なサービスが「アウトソーシング」と「人材派遣」です。

アウトソーシングと人材派遣の仕組みには大きな違いがあり、自社が抱えている課題や状況によって、アウトソーシングと人材派遣のどちらが適しているかが異なります。

そこで本記事では、アウトソーシングと人材派遣のそれぞれの特徴と強み、抱えている課題ごとに適した方法はどちらなのか、解説します。

BPO/アウトソーシング活用のノウハウBOOKをご覧いただけます

人材不足やコロナ禍ではたらき方が大きく変わり、業務生産性を高めるための施策が急務となっています。その解決策として、BPO/アウトソーシングの導入を検討されている企業が増加しています。

BPO/アウトソーシングの導入を検討されている方に向けて、導入のメリットや活用方法、経理・総務事務・受付・営業/営業事務・受発注といった業務別の導入事例をまとめた「BPO導入のポイントと活用事例BOOK【BPO導入前に確認すべき15のチェックリスト付き】」をお届けします。

自社にとって最適な業務プロセスの構築を検討されている方はぜひご活用ください。

資料をダウンロードする(無料)

目次

アウトソーシングと人材派遣のサービス内容

まずはアウトソーシングと人材派遣が、それぞれどのようなサービスなのかを整理しましょう。

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、社内の業務の一部を外部委託することを指します。基本的には委託先が業務の進め方や人員配置、育成などを一括で運用・管理します。


アウトソーシングのメリットは以下の通りです。

    • 社員がコア業務に注力できる
    • 外部の専門的な知見を活用できる
    • コスト削減に繋がる

人材派遣とは

人材派遣とは、派遣会社と雇用関係にある派遣スタッフが、派遣先企業の指揮命令のもと業務を行うサービスです。労働者派遣法によって定められています。

人材派遣のメリットは以下の通りです。

    • 必要な時に必要なスキルを持つ人材を活用できる
    • 募集や採用にかかる工数・コストの削減に繋がる
    • 労務管理の負荷が少ない

アウトソーシングと人材派遣の違い

「アウトソーシング」と「人材派遣」の違いは大きく以下の2点です。

委託形態と契約先

アウトソーシングはアウトソーサーに業務を依頼し、アウトソーシング会社が委託を受けた業務を行います。一方で人材派遣は、派遣会社が人材を派遣し、派遣スタッフが業務を行います。

業務の指示命令権の所在

アウトソーシングでは、アウトソース先の責任者が業務指示や指導を行いますが、人材派遣では派遣先の従業員が直接派遣スタッフに業務指示や指導を行います 。

アウトソーシングと人材派遣のメリット|どちらが適しているか

アウトソーシングと人材派遣のメリット、デメリットは以下のようにまとめられます。

アウトソーシング 人材派遣
メリット ・採用、教育から運用管理に関する社員の業務負荷が少なくなる
・業務品質の向上、コストの適正化などに繋がる
・必要なスキルをもつ人材を必要な期間、雇用できる
・自社の指揮管理のもと柔軟に業務に対応できる
デメリット ・立ち上げ前に業務の標準化を行うための工数が発生する
・直接業務の指示ができないため、業務によっては適さない場合がある
・業務ノウハウが派遣スタッフに属人化する場合がある
・受け入れ期間に制限がある

上の表のメリットとデメリットを踏まえ、本章ではアウトソーシングと人材派遣が適しているケースをそれぞれ紹介します。

アウトソーシングが適しているケース

アウトソーシングが向いているケースは以下のようなケースです。

  • 中長期的に安定した業務体制を構築したい
  • 定型業務であるため、採用や教育の工数は極力かけずに進めたい

多くのアウトソーシング企業は専門的な専門的ノウハウや最新の知識を持っています。自社で業務を遂行するよりも、業務の処理速度や正確性が高まることを期待できるため、中長期的に安定した体制を構築したい場合はアウトソーシングが適しています。

また、イレギュラーが発生しづらく、マニュアル化できる定型業務はアウトソーシングに向いています。委託先が人員配置、育成などを一括で運用・管理するため、工数が大幅に削減できるでしょう。

関連記事「もう迷わない!自社に最適なアウトソーシング先企業の選び方」を見る

人材派遣が適しているケース

人材派遣が適しているケースは以下のようなケースです。

  • 細かな業務指示をしながら業務を進めたい
  • 担当者が育児休業を取得する期間のみといったように必要な期間が限定されている

人材派遣では派遣先の従業員が直接派遣スタッフに指示を行うため、イレギュラーな作業が発生する頻度が高い業務やマニュアルが作りづらいケースに適しています。

また、人材派遣は必要な時に、必要な期間、必要なスキルを持つ人材を活用できるため、社員の育児休業の期間のみ、繁忙期のみといった必要な期間が限定されているケースにも適していま

アウトソーシングと人材派遣の活用事例

最後に、アウトソーシングと人材派遣それぞれの強みを活かした事例をご紹介します。

アウトソーシングの活用事例|ノンコア業務を集約し社員の業務負荷を軽減 

原料メーカーのA社様は、事業拡大に伴い、総務部門の業務が増えていました。社員が日々の定型業務に時間を割かれてしまい、コア業務に注力できない状況でした。

また、本社とグループ会社の移転に伴い、品質低下や納期遅延を起こさずに共通業務の集約を行うこととなりました。

そこで、パーソルテンプスタッフへアウトソーシングを依頼。来客や取引先業者の対応、代表電話、庶務業務などをトータルでアウトソーシングすることで、膨大な総務業務を集約して効率化しました。さらに、グループ各社の業務を可視化し、マニュアルの作成やマルチタスク化へ取り組みました。

その結果、これまで社員の負担が大きかった定型業務処理が手離れし、働き方改革への対応などの戦略的な業務へ専念できる環境が実現。また、マニュアル化・マルチタスク化によって業務の品質が安定し、業務効率も向上しました。


【参考】パーソルテンプスタッフ株式会社「原料メーカー様の事例

関連記事「アウトソーシングの成功事例|成功に導く3つのポイント」を見る

人材派遣の活用事例|必要な期間だけ必要なスキルを持ったスタッフを活用 

情報提供サービスを行うB社様では、決算時期における経理部門の社員の残業増加が課題でした。

そこで、パーソルテンプスタッフへ人材派遣を依頼。豊富な登録スタッフの中から、経理業務の実務経験があり、かつ、導入されている会計ソフトを使用したことのある派遣スタッフをご紹介したことで即戦力になりました。

また、社員の方による教育の手間やコストも最低限に抑えることができました。


【参考】パーソルテンプスタッフ株式会社「活用事例

まとめ

アウトソーシングと人材派遣について、それぞれの特徴と違い、どちらが適しているのか解説しました。

はたらき方の多様化や人材不足など、企業を取り巻く環境は日々急速に変化しています。そのなかでいかに自社の業務を効率化し、生産性を向上させるかといったことを考える必要があります。アウトソーシングと人材派遣、それぞれの強みを理解したうえで導入し、自社の企業成長を図りましょう。

BPO/アウトソーシング活用のノウハウBOOKをご覧いただけます

人材不足やコロナ禍ではたらき方が大きく変わり、業務生産性を高めるための施策が急務となっています。その解決策として、BPO/アウトソーシングの導入を検討されている企業が増加しています。

BPO/アウトソーシングの導入を検討されている方に向けて、導入のメリットや活用方法、経理・総務事務・受付・営業/営業事務・受発注といった業務別の導入事例をまとめた「BPO導入のポイントと活用事例BOOK【BPO導入前に確認すべき15のチェックリスト付き】」をお届けします。

自社にとって最適な業務プロセスの構築を検討されている方はぜひご活用ください。

資料をダウンロードする(無料)

よくあるご質問

Q1.アウトソーシングと人材派遣の違いは?

A1.「委託形態と契約先」「業務の指示命令権の所在」が異なります。アウトソーシングは業務をアウトソーシング会社に委託するため、指示命令は委託先の責任者が行います。一方、人材派遣では派遣先の従業員が直接派遣スタッフに業務指示や指導を行います。

>>アウトソーシングと人材派遣の違い

Q2.アウトソーシングと人材派遣のどちらを選ぶべき?

A2.定型化しづらい業務やイレギュラーな対応が必要になることが多い業務は、依頼元企業が直接指示を行える人材派遣が向いています。一方、定型化しやすい業務や採用や教育の工数を削減したい場合は、アウトソーシングが向いています。

>>アウトソーシングと人材派遣のメリット|どちらが適しているか

ご相談・お見積り・資料請求等
お気軽にお問い合わせください

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-959-648