ニューノーマルに求められるDX推進とは? -マイクロソフトの社内変革事例-

オンライン 経営者・役員 人事 IT・情報システム

2021年9月13日・14日の2日間にわたり、経営者・人事・ITシステム担当者を対象としたオンラインセミナー【PERSOL CONFERENCE 2021 秋】を開催。

日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 業務執行役員 統括本部長 佐藤 久氏が登壇し、【ニューノーマルに求められるDX推進とは? -マイクロソフトの社内変革事例-】と題した講演を行った。

コロナ禍の収束が見えない中、企業に求められるビジネスのデジタル化とコロナ禍における働き方改革へのニーズはさらに強まっている。その結果、企業として、これからの時代を生き抜くため、ITの在り方そのものが会社の方向性を決める重要な要因となっている。マイクロソフト社が体験した社内変革事例を通じて、ニューノーマルに求められるITの在り方、業務効率の向上、働き方改革の姿を紹介する。

※セミナーにある経済実態、役職名は2021年9月14日時点のものです。

登壇者

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 業務執行役員 統括本部長

佐藤 久氏

外資系ベンチャー企業の国内カントリーマネージャーを歴任後、2003年にソリューションスペシャリストとして日本マイクロソフトに入社。法人向けのソリューション営業を担当後、2005年に米国マイクロソフト本社へ転籍し、シニアプロダクトマネージャーとしてMicrosoft Visioのプロダクトマネジメントを担当。2010年に日本マイクロソフトに転籍後、インキュベーションセールス部門にて営業部長、マーケティング部門にてプラットフォーム戦略本部長、クラウド&エンタープライズビジネス本部長としてAzureビジネスの立ち上げを行い、現職のパートナー事業本部ではパートナー技術統括本部長としてパートナー企業との技術戦略の立案、技術者の育成を担当。

セミナー資料のダウンロードをご希望の方はこちらから