DX推進で陥りがちな落とし穴とは? AI/RPA導入の前の”業務整理”が明暗を分ける

オンライン 人事 IT・情報システム

2021年9月13日・14日の2日間にわたり、経営者・人事・ITシステム担当者を対象としたオンラインセミナー【PERSOL CONFERENCE 2021 秋】を開催。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ワークスイッチ事業部 シニアコンサルタント 鴨下 茜とパーソルテンプスタッフ株式会社 特別法人営業本部 シゴトデザイン部 RPA営業推進室 マネージャー 小野田 聖子が登壇し、【DX推進で陥りがちな落とし穴とは? AI/RPA導入の前の”業務整理”が明暗を分ける】と題した講演を行った。

コロナ禍での環境が日本企業のDX推進を加速させている中、取り組みにおける『ノウハウ・人材不足』への課題も浮き彫りとなってきた。何から始めてよいかわからない状況の中、”デジタル化”という言葉に囚われ、調査や整理が不十分なままツール導入が先行し、”業務・作業をなくす”観点や効果的なAI/RPAの活用方法に気づけず、効果が半減したなどの例も挙がっている。DX推進の課題、そしてDX効果の明暗を分ける”業務整理の重要性”、その上でのRPA活用事例について講演する

※セミナーにある経済実態、役職名は2021年9月13日時点のものです。

登壇者

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ワークスイッチ事業部 シニアコンサルタント

鴨下 茜

ブライダル事業の営業企画・大手小売製造業の需給企画・業務推進経験後、2019年に入社。 主にSalesforceを利用した海外規模のサプライチェーン領域の業務改善や発注プロセスの自動化、ペーパーレス・サインレスのしくみ化の経験を活かし、現在ではAI-OCR×RPAの導入検討支援、サブスクビジネスのプロセス検討支援に従事。

パーソルテンプスタッフ株式会社 特別法人営業本部 シゴトデザイン部 RPA営業推進室 マネージャー

小野田 聖子

1998年4月、パーソルテンプスタッフに新卒入社。以降、営業一筋、一貫して企業の人材課題/組織課題、個人の「はたらく」を支援。2017年よりRPA人材の育成に取り組み、2018年7月にRPA人材の育成派遣事業「RPAアソシエイツ」を社内起案し、立ち上げる。300社以上のRPA導入、展開に取り組む現場を訪問。企業の業務改善、デジタル化に貢献すべくRPAアソシエイツとともに日々奔走。

セミナー資料のダウンロードをご希望の方はこちらから