PERSOL CONFERENCE 2021 夏 PERSOL CONFERENCE 2021 夏

ABOUT

コロナ禍において浮き彫りになった経営と
人事の課題を掘り下げ、
新たな時代に成長を続ける「人と組織」の
あり方を考えてみませんか。

ジョブ型雇用や定年延長、テレワークの進展など
急速に変化する労働環境において、
新たな時代の人事戦略からマネジメントのあり方など、
今最優先で取り組むべき7つのテーマを取り上げます。

主催:パーソルホールディングス
共催:パーソル総合研究所
後援:日本経済新聞社イベント・企画ユニット

SESSION

#1
6月4日(金) 11:00~12:00
無料・オンライン開催
満員御礼
受付は終了しました

今めざすべき人材・組織マネジメント

 

学習院大学 経済学部 経営学科 教授 守島 基博氏
株式会社パーソル総合研究所 コンサルティング本部 サラリーリサーチラボ 部⻑ 後藤 裕子

【概要】

労働人口の減少、同一労働同一賃金、人生100年時代、急速なビジネスのDXなど、労働市場は大きな転換期を迎えています。新たな雇用モデルが模索されており、人事改革は急務となっています。一例として、ジョブ型雇用に対する関心が高まっていますが、ジョブ型雇用の導入によってすべての課題が解決するわけではありません。日本企業がグローバル競争で勝ち残っていくために考えるポイントについて人材マネジメントと組織マネジメントの側面からお話いただきます。

#2
6月7日(月) 15:00~16:00
無料・オンライン開催
満員御礼
受付は終了しました

これからの経営と人材要件はどう変わる

 

独立研究者/著作家/パブリックスピーカー 山口周氏

【概要】

「正解を出す力」に、もはや価値はない。問題が複雑に絡み合う時代においては、これまで私たちが優秀、必要と考えてきた人物像は一変、異なるのではないでしょうか。サスティナブルな社会システムと共存し、企業が成長していくためには、これまでの経営の在り方や人材要件も見直す必要があります。企業活動の源泉である人と向き合う企業経営者や人事パーソンが、今、正面から考えなければいけないことは何かをお話いただきます。

#3
6月10日(木) 15:00~16:00
無料・オンライン開催
満員御礼
受付は終了しました

苦難を乗り越える強いチーム作りをするための人材戦略

 

株式会社サンリオエンターテイメント 代表取締役社長 小巻 亜矢氏

【概要】

長年低迷していたサンリオピューロランドを2019年3月期に過去最高の来場者数とし、更なる飛躍を目指していたところ、コロナの影響をうけ、長期の臨時休館に。そんな状況下でも、営業再開後やその後のコロナ禍時代を見据え、デジタル活用、人材育成に注力し、日々挑戦し続けています。有事にも負けないチームマネジメントの在り方、変革を推進するための人材育成など、サンリオピューロランドにおける人材戦略についてお話いただきます。

#4
6月14日(月) 15:00~16:00
無料・オンライン開催
満員御礼
受付は終了しました

『聴く』と経営

 

エール株式会社 取締役 篠田 真貴子氏

【概要】

事業や組織変革のスピードは年々早まる一方で、現場では些細なことでブレーキがかかってしまうといったご経験はありませんでしょうか。戦略を見直し、制度を変え、1on1を取り入れてもうまくいかない。実はこのブレーキは、人の内面に原因があるのかもしれません。人の感情や価値観を掘り起こす、一見シンプルな「聴く」という行いが、組織の力を解き放つ重要なファクターであることを篠田さんのご経験も交え、お話いただきます。

#5
6月17日(木) 15:00~16:00
無料・オンライン開催
満員御礼
受付は終了しました

シニア活躍とは
企業の人材施策と自律的なキャリアの方向性

 

法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴氏
株式会社パーソル総合研究所 執行役員 ラーニング事業本部長 萱野 博行

【概要】

労働力人口が減少する中、これまでの日本型の雇用の在り方は、見直しを求められています。各世代における自律的なキャリアへの対応をしつつ、70歳までの雇用機会の確保など、企業人事に求められる役割は他方面にわたります。生涯を通じた自律的なキャリアの考え方と企業の人材施策について、シニアの活躍を考えるうえで重要なポイントについてお話いただきます。

#6
6月21日(月) 15:00~16:00
無料・オンライン開催

これからのwell-being経営とは
ー企業価値を高め、一人ひとりが輝ける人材マネジメントとは

 

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 前野 隆司氏
株式会社パーソル総合研究所 主任研究員 井上 亮太郎

【概要】

わが社は、「はたらく幸せを感じられる組織」と胸を張って言えますか?今、企業経営者が「Well-being経営」を掲げ、従業員や顧客の幸せに取り組んでいるのには理由があります。Well-being 研究が進むことにより、国内総生産(GDP)や収入との関係はもとより、幸福度と従業員の創造性、生産性の関係などが明らかになっています。本セミナーは、最新の調査結果や事例をお示ししながら、「Well-being経営」がもたらす価値についてお話いただきます。

#7
6月25日(金) 15:00~16:00
無料・オンライン開催

マネジメントの不易流行
ポストコロナのマネジメントの要諦とは何か?

 

立教大学 経営学部 教授 中原 淳氏
株式会社パーソル総合研究所 ラーニング事業本部 人材・組織力強化ソリューション部 部長 種部 吉泰

【概要】

長引くコロナ禍により、マネジメントに苦労されている声を多くお聞きします。新たな時代に向けて、マネジメントのすべてを見直し再インストールすることが必要でしょうか?我々の答えは否。ポストコロナにおいても変わらないマネジメントの本質を見極めることが重要です。そのうえで、新たな変化を求められるマネジメントとは何か?コロナ禍で表出化したさまざまな課題への対処とあわせてお話いただきます。

ENTRY

SPEAKERS

 

守島 基博 氏
学習院大学 経済学部 経営学科 教授
1980年慶應義塾大学院社会学研究科修士課程卒業。1986年米国イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了。人的資源管理論でPh.D.を取得。カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。1990年慶應義塾大学総合政策学部助教授、98年同大大学院経営管理研究科助教授・教授、2001年一橋大学大学院商学研究科教授を経て、2017年より学習院大学教授、2018年より同大学副学長。
最近は、戦略的人材マネジメント論、特に企業の競争力に寄与する人材マネジメントのあり方を多様な側面から研究している。米国を中心とした海外研究専門誌の編集委員になっており、政府審議会などの委員参加も多数。

 

山口 周 氏
独立研究者/著作家/パブリックスピーカー
1970年東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。電通、BCGなどで戦略策定、文化政策、組織開発等に従事。著書に『ビジネスの未来』『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。
株式会社中川政七商店社外取締役、株式会社モバイルファクトリー社外取締役。

 

小巻 亜矢 氏
株式会社サンリオエンターテイメント 代表取締役社長
サンリオピューロランド館長
東京出身、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。1983年(株)サンリオ入社。結婚退社、出産などを経てサンリオ関連会社にて仕事復帰。2014年サンリオエンターテイメント顧問就任、2015年サンリオエンターテイメント取締役就任。2016年サンリオピューロランド館長就任、2019年6月より現職。子宮頸がん予防啓発活動「ハロースマイル(Hellosmile)」委員長、NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事、一般社団法人SDGsプラットフォーム代表理事。

 

篠田 真貴子 氏
エール株式会社 取締役
慶應義塾大学経済学部卒、米ペンシルバニア大ウォートン校MBA、ジョンズ・ホプキンス大国際関係論修士。日本長期信用銀行、マッキンゼー、ノバルティス、ネスレを経て、2008年10月に(株)ほぼ日(旧・東京糸井重里事務所)に入社。2008年12月より2018年11月まで同社取締役CFO。「ジョブレス」期間を経て、2020年3月よりオンライン 1on1 を提供するエール株式会社の取締役に就任。『ALLIANCE アライアンス――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用」監訳。最近では『恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす』に推薦文を寄せる。

 

石山 恒貴 氏
法政大学大学院 政策創造研究科 教授
NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。 主な著書:『日本企業のタレントマネジメント』中央経済社、『地域とゆるくつながろう』静岡新聞社(編著)、『越境的学習のメカニズム』福村出版、『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、『会社人生を後悔しない40代からの仕事術』(共著)ダイヤモンド社​

 

前野 隆司 氏
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
1984年東京工業大学卒業、1986年同大学修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員、ハーバード大学訪問教授等を経て現在慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼務。博士(工学)。著書に、『幸せな職場の経営学』(2019年)、『幸福学×経営学』(2018年)、『幸せのメカニズム』(2014年)、『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房,2004年)など多数。専門は、システムデザイン・マネジメント学、幸福学、イノベーション教育など。

 

中原 淳 氏
立教大学 経営学部 教授
東京大学卒業、大阪大学大学院、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等をへて、2018年より現職。専門分野は人材開発論・組織開発論。単著(専門書)に『職場学習論』(東京大学出版会)、『経営学習論』(東京大学出版会)、人材開発研究大全(東京大学出版会)。一般書に『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成⾧戦略』『アルバイトパート採用育成入門』『働くみんなの必修講義転職学』『チームワーキング』など、その他共編著多数。

 

後藤 裕子モデレーター
株式会社パーソル総合研究所 コンサルティング本部 サラリーリサーチラボ 部⻑
⽇本IBM株式会社においてグローバル・サービスオペレーション理事、グローバル・テクノロジー・サービスの⼈事理事を歴任。海外赴任も含めBUHRとしてグローバル⼈事制度の導⼊、⼈財開発、D&I等のプロジェクトや運⽤をリード。その後⽇系⾦融のグローバル推進次⻑としてタレマネシステム、リーダーシッププログラムの⽴ち上げを担当し、外資IT会社の⼈事本部⻑を歴任。2019年9⽉より現職。

 

萱野 博行モデレーター
株式会社パーソル総合研究所 執行役員 ラーニング事業本部長
1989年株式会社そごう入社、人事、教育全般を経験後、1997年、富士ゼロックス株式会社入社。2001年に富士ゼロックス総合教育研究所(現パーソル総合研究所)に移り、人事コンサルティング部門で大手・中堅企業における人事制度改革、人材育成制度構築のプロジェクトを多数手がける。2019年8月より現職。

 

井上 亮太郎モデレーター
株式会社パーソル総合研究所 主任研究員
大手総合建材メーカーにて営業を経験後、経営統合に伴い統合先メーカーに出向し組織融合施策に参画。その後、組織文化・風土の違いに関心を抱き、学校法人産業能率大学に移り組織・人材開発のコンサルティング事業に従事。
人や組織、社会が直面する複雑な諸問題をシステミックに捉え、分析し、創造的に解決するための知見を深めたいと考え、2019年より現職。

 

種部 吉泰モデレーター
株式会社パーソル総合研究所 ラーニング事業本部 人材・組織力強化ソリューション部 部長
異業種での営業経験を経て、1999年に人材開発業界に転職。それ以来、人や組織が抱えるパフォーマンス上の課題解決支援を、集合研修登壇および各種コンサルティング業務を通じて提供。現在は、部門マネジメント、人材・組織開発に関するコンサルティング、大学との協働によるソリューション開発を担当。 専門テーマは「組織マネジメント」と「リーダーシップ」。ミドルマネジャー(部長・課長)を対象に、集合研修やサーベイ・フィードバックに数多く登壇。
■筑波大学大学院 経営システム科学専攻 博士課程(前期)修了
■立教大学経営学部 ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)講師
■人材育成学会会員

ARCHIVES

パーソルグループでは、人材・組織の各分野のプロフェッショナルたちによるオンラインセミナーを多数開催してきました。
最新の調査データ・事例などをご紹介しながら、 「採用」「人材育成」「はたらき方」など、さまざまな テーマについてお伝えしている過去セミナーのアーカイブ動画・記事・資料はこちらからご確認いただけます。

ABOUT PERSOL

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」を
グループビジョンに、
人材派遣サービス「テンプスタッフ」、
転職サービス「doda」、
ITアウトソーシングや設計開発など、
人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、
次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、
市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、
ITイベント情報サイトおよび
イベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、
クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などの
サービスも展開しています。