#1 2017年5月5日放映 株式会社ココナラ

「手触り感」のある仕事を求めて--大手商社の経理を辞め、ベンチャー企業を選んだ女性の挑戦

  •  
  • 15秒であらすじが分かる
    番組予告動画はこちら

「働くって“だから”おもしろい!」??をテーマに、全世代に向け、転職や学生たちの就活など、働き方のおもしろさとその魅力を伝える番組『ジョブレボ!』。今回登場するのは、株式会社ココナラで経理・財務を担当する照沼かおり氏です。元々大手商社に勤務していた照沼氏が、ベンチャーに活躍の場を見出したポイントは「手触り感」のある仕事。人を幸せにしたいという思いで働く照沼氏の仕事に密着しました。

【スピーカー】
株式会社ココナラ
照沼かおり 氏
代表取締役 南章行 氏
経営管理グループ チームリーダー 国原啓司 氏

お笑い芸人:友近 氏
テレビ東京アナウンサー:原田修佑 氏
パーソルキャリア株式会社 はたらクリエイティブディレクター:佐藤裕 氏

ココナラで経理と財務を担当

五反田にカジュアルな服装で出勤してきた女性。照沼かおりさん。

照沼かおり氏(以下、照沼):おはようございます。

 

スタッフ:今日は忙しいですか?

照沼:今日はちょっと忙しいですね。月の初めの仕事があって。3月末で1ヶ月の月次を締めて、バタバタするかもしれないです。

彼女が昨年から勤めているのが、設立2012年、株式会社ココナラ。

 

照沼:おはようございます。今日は早いみたい。

ほかの社員より早く出勤してきた様子。それにはある理由がありました。

スタッフ:これからなにをやるんですか?

照沼:これからヨガのレッスンをします。

会社でヨガ? これは仕事ではなく部活動。会社が始まる前に、有志を募り、月に2回ほどヨガを教えています。

 

照沼:なんとなく女性の社員さんから、私がヨガを勉強しているのを知っていて「やってよ」みたいな。

この会社は、ヨガ以外にもいろいろな部活動が行われているそうです。

照沼:スポーツ系とか飲みに行くとか、あとは肉の会とか。肉部とかありまして(笑)。社長が「社員一人ひとりなにか自分の得意なことを部活にして、社員の人数だけ部長と部活がある、みたいな組織にしていきたいな」と言っています。

こんな自由な社風のWebサービスのベンチャー企業。ここでの彼女の仕事とは?

照沼:私は経理と財務を担当していますね。いわゆる数字まわりの管理をしています。

照沼さんは経理・財務のプロフェッショナル。あの大手商社の三井物産をはじめ、NPO法人などで一貫してこの道で働いてきました。
人のためになる仕事がしたいと入った大手商社。しかし、なぜ彼女はベンチャーへの道を選んだのか?

照沼:なんかもっとね、近い感じ。手触り感。

 

そして彼女の言う「手触り感」とは? その仕事に密着します!
この番組は「働くって“だから”おもしろい!」をテーマに、全世代に向け、転職や学生たちの就活など、働き方のおもしろさとその魅力を伝える番組です。

経理・財務の本質は経営に近づいた仕事

友近氏(以下、友近):はい、『ジョブレボ!』始まりました。司会の友近です。よろしくお願いします。

 

原田修佑氏(以下、原田):テレビ東京入社2年目の原田です。よろしくお願いします。

 

原田:これまで企業や求職者のサポートを続けながら、転職や就活をテーマに国内外年間200回以上の講演を行っている、まさに仕事のエキスパート、佐藤裕さんです。お願いします。

 

原田:ココナラという会社に転職した照沼かおりさん。財務・経理の方だそうですが、毎日数字とにらめっこですよね。

友近:苦手ですねぇ。私、一番避けたいです。そこの部署。

佐藤裕氏(以下、佐藤):間違いがあってはいけないですからね。

友近:すごく責任感がないとダメですよね。

原田:そうですよね。

友近:頭の中で数字というか、やっぱり理数系の方じゃないとそういう財務とか経理ってできないんじゃないのかなって思っちゃいますしね。

原田:経理・財務って具体的にどういう仕事なんですか?

佐藤:簡単に言うと、売上を管理したり、それを数字に取りまとめたり、社長・役員のサポートをしていくという、かなり経営に近いお仕事が実は本質だったりするので、先ほどおっしゃっていたように間違ってはいけないし、業績に直結したレポートをするというお仕事ですね。

友近:また、大手商社の三井物産を経て(ココナラに)来ているということなんですよね。

佐藤:そうですね。

友近:三井物産でも経理やってたんですかね?

佐藤:とおっしゃってましたね。

友近:そっか。すごい大企業ですから、また桁違いですよね。そこもね。

佐藤:桁が違いますね

大企業からベンチャーまで、経理・財務の仕事に携わってきた。

照沼:私にとって経理は1つの自分の道具。

そんな彼女にとって働くことの意味とは? そして、仕事の先に見ているものとは?