これからのwell-being経営とは

ー企業価値を高め、一人ひとりが輝ける人材マネジメントとは

  •  
    慶應義塾大学大学院
    システムデザイン・マネジメント研究科 教授
    前野 隆司 氏
  •  
    株式会社パーソル総合研究所 主任研究員 井上 亮太郎

2021年6月21日、経営者、人事担当者を対象としたオンラインセミナー【PERSOL CONFERENCE 2021 夏】を開催。慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 前野 隆司氏と株式会社パーソル総合研究所 主任研究員 井上 亮太郎が登壇し、【これからのwell-being経営とはー企業価値を高め、一人ひとりが輝ける人材マネジメントとは】と題した講演を行った。

わが社は、「はたらく幸せを感じられる組織」と胸を張って言えるだろうか?今、企業経営者が「Well-being経営」を掲げ、従業員や顧客の幸せに取り組んでいるのには理由がある。Well-being 研究が進むことにより、国内総生産(GDP)や収入との関係はもとより、幸福度と従業員の創造性、生産性の関係などが明らかになっている。本セミナーでは、最新の調査結果や事例を示しながら、「Well-being経営」がもたらす価値についてお伝えする。

※セミナーにある経済実態、役職名は2021年6月21日時点のものです。

セミナー資料のダウンロードをご希望の方はこちらから

お問い合わせ

受付時間 9:00-19:00(土日祝日を除く)