「テレワーク実施率は27.9%」
マクロ/ミクロ環境からみる
日本企業の今後と人事がいまできること

 
株式会社パーソル総合研究所 主任研究員 小林 祐児

2020年5月14日、経営者、人事担当者を対象としたオンラインセミナー【With/Afterコロナで「はたらく」はどう変わる?#1:最新調査結果からみた雇用・組織への影響」を開催。株式会社パーソル総合研究所 主任研究員 小林祐児が登壇し、【「テレワーク実施率は27.9%」マクロ/ミクロ環境からみる日本企業の今後と人事がいまできること】と題した講演を行った。

アフターコロナによって一体何が変わるのか、現在メディアでも盛んに報じられている。中には煽情的なものも多く、全体を俯瞰した整理が不足している状況だ。
緊急実施したテレワークに関する調査結果なども用いながら、マクロ/ミクロ指標からみた日本経済の現状、この状況下で企業・人事がいまできることを短期・中長期的観点からそれぞれについて語った。

※セミナーにある経済実態、役職名は2020年5月14日時点のものです。

セミナー資料のダウンロードをご希望の方はこちらから

お問い合わせ

受付時間 9:00-19:00(土日祝日を除く)

PAGETOP
PAGETOP