【イベントレポート】
HR EXPOのパーソルブースの様子をご紹介!
in東京ビッグサイト

 

2019年5月29日(水)から5月31日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて日本最大級の人事労務・教育・採用関連イベント【HR EXPO】が開催されました。
パーソルブースでは、「ピープルアナリティクス」「タレントマネジメント」「RPA」「外国人活用」「ミドル・シニア」など今話題のHRサービスを多数出展致しました。

テクノロジーの進化によって人事の役割はどう変わる?
データ活用によって見えてきた“攻めの人事”

人事データ活用で戦略的人事を実現する「ピープルアナリティクス」

 

ピープルアナリティクスとは、企業に蓄積されたさまざまなデータを統計解析し、人事における意思決定、業務効率化などに生かそうという取り組みの総称です。
昨今、労働市場や経営環境が大きく変化し、人事の意思決定も今までどおりではうまくいかなくなってきました。そこで着目されたのが、データを統合的に活用した人事施策です。

パーソル総合研究所が提供するピープルアナリティクスでは、人事データだけではなく、社内のさまざまなデータも連携させることで、より複合的にデータを活用していきます。それによって、採用の効率化、適正な人材配置、離職率の低減など、データに基づいた戦略的な人事施策の実行が可能になります。

優秀な人材は“採る”から“育てる”へ
過酷な市場で勝ち残るための人材育成

多くの企業が抱える人材育成の課題を解決する「講師派遣型研修」「公開研修」

 

人口の構造的な変化によって、国内市場の衰退は加速する恐れがあり、このような環境下ではリーダー育成についても思考を転換する必要があります。
これまでの成長期に求められた「優秀な人材をいかに採用するか」という視点ではなく、「課題意識を持った人材にいかに成果をあげてもらうか」といった視点が企業に求められてきています。

パーソル総合研究所の人材開発・社員研修では「次世代を担う経営者候補を選抜し、戦略的に育ていくリーダー育成プログラム」や「各社の人材育成体系全体をカバーする豊富な研修プログラムとカスタマイズ提案」などを行っています。

人材採用困難時代、雇用から外部人材活用へ
自社の課題に合わせたプロフェッショナル活用が
企業を成長させる

経験豊富なプロフェッショナルを必要に応じて活用できる「i-common」

 

人材採用困難時代の到来によって、多くの企業が優秀な人材の獲得に苦戦を強いられています。即戦力、つまりプロフェッショナル人材の採用となると、さらに困難を極めます。そこで、時代は”雇用”から”外部人材の活用”に変化しつつあります。
例えば、IPO準備や新規事業の創出といったフェーズでは、豊富な経験やノウハウを持った人材が不可欠となります。そういった、企業の成長フェーズに応じて必要な人材を、必要な時に確保するために、経験豊富なプロフェッショナルの外部人材を活用する企業が増えてきています。

i-common(アイコモン)では、9,000名以上の登録者数の中から、特定領域に専門性を有したスペシャリスト人材や、元大手企業幹部を経験したエグゼクティブ人材など、各社に最適な人材のご提案が可能です。全業界・全職種に対応可能であり、ジェネラルではない、ニッチな技術領域でのご支援も可能です。

“短時間労働者“の活用で
ノンコア業務の生産性を高める

すぐに、自分で、簡単に、1日単位で人を探せる「シェアフル」

 

日本における労働力不足は深刻化し、2025年に505万人、2030年に644万人の労働人口が不足すると予測されています。一方、フリーランスは1,119万人とこの4年で123%増加しています。また、総務省の追加就労希望調査では187万人が就労時間の追加を希望しているほか、就業中の派遣スタッフの約75%が副業を希望していることからも、現在の仕事に加えて短期間・短時間の仕事をしたいと考える個人は増えています。

シェアフルでは、「スキマ時間を価値に変える」をキーワードに、現在は1日単位をベースとした業務の案件掲載と、求職者への仕事の提供を行っています。企業の案件登録から求職者が就業するまで「最短1日」が可能というスピード感が特徴です。
対応職種はオフィスワーク、販売・飲食などのサービス業、及び軽作業で、短期・単発の求人です。スキマ時間での就業マッチングなので、高いスキルや経験を持った方が必ずしも高い時給でないとマッチングできない訳ではありません。短期だからこそ優秀な人材を紹介出来るといった点もシェアフルの特徴です。

国内マーケット縮小によるグローバル展開によって
多様化、複雑化するグローバル人材の課題

グローバル展開に向けた外国人採用をサポートする「海外サービス」

 

世界ではグローバル化が加速しており、日本企業も新たな市場を求めて今後の海外進出に意欲的です。こういった中で、海外移転や海外企業の買収、海外拠点の立ち上げにあたっては、多くの企業が課題に直面しています。グローバル人材の育成や国境を越えた組織構築、ダイバーシティマネジメントなど、グローバル経営に関する課題は複雑化を極めます。

パーソルグループでは、世界13か国地域、アジア・パシフィック地域において最大級のHRサービスを展開するPERSOLKELLYより特に親和性の高い4か国(中国・台湾・韓国・ベトナム)から優秀な外国人材をご紹介しております。
また、日系企業で働くことに興味がある日本語力・英語力のある人材に加え、合弁先のKelly Services Inc.(本社アメリカ)がもつ、地場、欧米系企業人材へのアプローチも可能です。お客様の事業を加速するために適した人材をご紹介させて頂きます。
また、国内における外国人の採用支援においても、ご相談をお受けしております。

個別サービスでは解決できないような複雑な課題を
パーソルの総合力で解決

パーソルホールディングスのソリューション営業による「総合相談コーナー」

 

パーソルブースでは、過去お客様から頂戴した
「課題はあるけど、色々あってどのサービスが良いのかわからない」
「課題が複雑なので、一つのサービスでは解決できなさそう」
「課題がはっきりしていなくて漠然としているのでどこに相談すればいいかわからない」
といった声にお応えし、「総合相談コーナー」を設置。
多くのお客様からご相談を頂戴し、パーソルグループの全商材を熟知した営業が、各社の課題をヒアリングしながら、各社に合わせたご提案をさせて頂きました。

次回公開のイベントレポートでは、今回のHR EXPOで多く寄せられたご相談内容や、それらのお悩みに対応する各サービスについてご紹介いたします。

お問い合わせ

受付時間 9:00-19:00(土日祝日を除く)

PAGETOP
PAGETOP