パーソルグループ 名古屋HR EXPOレポート③

 

2019年2月13~15日、ポートメッセなごやにて「第1回 名古屋HR EXPO」が開催されました。HR EXPOは、人事労務・教育・採用など、企業の人事・総務・経営者向けの展示会で、東京、関西に続き、今年は名古屋で初開催となりました。パーソルグループでは、働き方改革や採用強化、業務効率化、人手不足等、あらゆる人事・組織課題の解決を支援する10サービスを展示し、3日間で1万人を超える方々にご来場いただきました。当日展示した各サービスの特長や活用シーンをご紹介します。

勤怠管理はもちろんコンディション把握まで、
法令改正にも自動対応
「MITERAS 勤怠」

 

特長

勤怠管理システムをクラウド提供するサービスです。PCにもスマートフォンにも対応しているので、いつでもどこでも簡単に打刻や承認が可能。さまざまな雇用形態を持つパーソルグループで活用してきた実績により、多様な雇用形態に対応しています。クラウドサービスなので、ノンカスタマイズなら最短で導入1カ月+プレ運用1カ月の2カ月で導入可能。法令改正にも、手間やコストをかけずに自動対応します。また、個人の打刻画面でその日のコンディションを登録できるユニークな機能も。管理者が社員やチームの変化を把握しやすくなり、適切な対応につながります。

  •  
  •  

活用シーン

2019年4月に施行される働き方改革関連法により、企業はより厳正な勤怠管理が求められます。それに対し、エクセルなどによる勤怠管理のため勤務実態の把握に手間がかかる、働き方が多様で問題を発見しづらいといった企業に最適です。各種アラート機能やシフト表の自動作成機能などにより管理部門の手間を削減しながら、法律に則った労務管理が簡単に実現できます。2018年9月の外販開始から約半年で、既に10社、1万5千ユーザーに利用されています。

担当者から一言

 

労務管理は「MITERAS 勤怠」にお任せいただき、人事部門の皆様は人材育成や働き方改革推進に注力ください。 パーソル プロセス&テクノロジー株式会社 システムソリューション事業部
MITERAS部 マネジャー
梅澤 幸治

スタッフ一人ひとりの勤務実態と作業内容を
見える化することで働き方改革をサポート
「MITERAS 仕事可視化」

 

特長

スタッフ一人ひとりの勤務実態を客観的に把握できるサービスです。PCのオン/オフや利用しているアプリケーション名、キーボードのタッチ数などのログを取得し、申告型の勤怠データと突合することで、確実な勤務実態を把握可能です。労働時間の乖離把握が可能な「タイムレポート」、仕事実態の可視化機能を提供する「ジョブレポート」、両方を提供する「スタンダード」を用意。テレワークなどで勤務実態が把握しにくい環境での仕事の実態も容易に把握できます。

 

活用シーン

働き方改革によりテレワークを推進したいが、勤務実態の把握に不安を感じる、サービス残業による長時間労働が常態化しているようだが、実態がよくわからないといった企業に最適です。客観的に勤務実態を把握できるので、効果的な対策を検討できます。パーソルグループ30社に加え、2018年4月から開始した外販により、既に13社、2万8千ユーザー以上に利用されています。無料トライアルも用意しており、申し込みから2週間で利用開始可能です。

担当者から一言

 

働き方改革は、まず勤務実態の把握から始める必要があります。「MITERAS 仕事可視化」をご活用いただき現実を知ることが、働き方改革の第一歩となります。 パーソル プロセス&テクノロジー株式会社 システムリューション事業部
テクノロジーソリューション統括部
MITERAS部 マネジャー
太田 誠

ワンストップで人材情報を把握できる
タレントマネジメントシステム
「HITO-Talent」

 

特長

社内の人材情報をデータベースで一元管理し、社員一人ひとりがどういう能力や経験を持っているのかを可視化。最適な人材配置など、人の記憶や勘に頼らない、客観性をもった人事施策につなげることができます。データベースは管理項目に制限がなく、データ量が増えても迅速な検索が可能。既存の人事情報システムからデータを取り込んだり、新たな項目を追加することも容易です。導入時には、企業の将来を見据えた人事施策にとってどのような項目が必要かなどの検討をサポートします。

例えば、人事異動の際には、異動条件を満たす社員を検索して人材プールを作成し、候補者の詳細情報を確認しながら最適な人材配置を実現できます。コメントも残せるので、前回異動を見送った理由などを後から確認し、判断材料にすることも可能です。また、各人材が適切な目標を持って活躍するための目標管理やキャリアデザイン、育成・評価の機能もあります。全社員の利用も想定し、項目単位で細かく閲覧権限を設定することが可能です。
組織の情報も持つことができるので、人員を自動カウントして等級ごとにグラフ化したり、自組織と全社の社員満足度調査結果を比較することも可能です。

  •  
  •  

活用シーン

従業員数が多い日本の企業にとって使いやすい機能を多数搭載しており、「現在は人材情報が可視化できておらず異動配置などは経験と勘で行っているが、今後は自社独自の人材情報を多角的に収集・分析して、各種人事施策に活用したい」という企業に最適です。また、企業規模としては最大9千名の社員が利用しており、多数の社員の管理を行う大企業にも適しています。

各社員の過去の経験や今後のキャリアの志向に関する情報なども一元的に管理し把握できるので、異動や採用で新しく加入したチームメンバーの特性や個人の希望を上長が把握して、適正な仕事の割り振りなどが実現します。

一般社員の育成・評価材料としても有効です。設定した目標に対して結果はどうだったかを上長とすり合わせながら、各社員の目標を管理することができます。ある販売会社様では、社員に成長実感を持たせたいとHITO-Talentを活用し、営業の成績やキャリア、身につけたスキル、今後の目標、その実現に必要な資格などを自分で確認できるようにしました。その結果、今の自分の立ち位置と、次のステップに進むために何が必要かを本人が客観的に把握できるようになりました。

担当者から一言

 

HITO-Talentの強みは、IT企業ではなく総合人材サービス企業であるパーソルグループのサービスであるということです。タレントマネジメントはシステムを入れさえすれば実現できるものではありません。タレントマネジメントの仕組みを導入するご支援からシステム導入後の活用、またHITO-Talentを運用することで抽出された経営・人事課題の解決も含め、お客様を長期にわたって多面的にサポートいたします。 株式会社パーソル総合研究所 タレントマネジメント事業本部
セールス&サービス部 セールスグループ
シニアコンサルタント
遠藤 崇之

企業研修を効果的・効率的に運用できる
クラウド型研修管理システム
「HITO-Learning」

 

特長

企業内の多様な研修をまとめて管理できるクラウド型研修管理システムです。社員にeラーニングを提供するポータル機能に加えて、教育コンテンツや社長講話などのポータル、集合研修の管理、課題やアンケートの実施、コースライブラリの提供、修了証の自動発行などが可能です。多様な研修を一括管理できるので、人事部門の負荷を軽減したうえで、教育効果の可視化が実現。効果的かつ効率的な人材育成に役立ちます。スマートデバイスで閲覧できるので、いつでもどこでも学習可能。アクセスにはIPアドレス制限をかけることもできます。データ容量も同時アクセス数も無制限なので、企業規模を問いません。

  •  
  •  

活用シーン

既存のeラーニングシステムが使いこなせていない、各研修を種類ごとに管理しており、トータルでの研修成果が見える化できていないといった企業に最適です。既に約80社でご利用いただいています。たとえば、全国に多店舗展開するチェーンストアでは、映像を使ったマニュアルでスタッフ教育を実施。その後、受講者が実際の接客の映像をアップし、その評価や指導を受けることも可能です。昨今増えているアルバイトによる不適切動画の投稿は、経営理念が末端まで浸透していないところに大きな問題があります。HITO-Learningで定期的に社長メッセージを配信して理念を浸透させるといった使い方も有効です。

担当者から一言

 

人材育成に十分な手間をかけたいが難しいという企業に最適です。人手不足の今だからこそ、ご活用ください。 株式会社パーソル総合研究所 ラーニング事業本部 プランナー 納富 大典

お問い合わせ

受付時間 9:00-19:00(土日祝日を除く)

PAGETOP
PAGETOP