PERSOL ACADEMY 2019 「変化の時代における人材・組織マネジメントをアップデートする」イノベーション、デジタル、グローバルなど、最新の経営・事業テーマにおける「人と組織」の課題解決のヒントを学ぶ

PERSOL ACADEMY 2019 「変化の時代における人材・組織マネジメントをアップデートする」イノベーション、デジタル、グローバルなど、最新の経営・事業テーマにおける「人と組織」の課題解決のヒントを学ぶ

概要

開催日時
2019年10月23日(水)
10:00〜18:00(受付開始 9:30)
会場
東京ミッドタウン・ホール(六本木駅直結)
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-2東京ミッドタウン地下 1 階
受講料
無料
定員
1000名
主催
パーソルグループ
後援
日本経済新聞社イベント・企画ユニット
申し込み締切日
2019年10月15日(火)
*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
お問い合わせ
パーソルホールディングス株式会社 グループ営業企画部
E-mail: events-info@persol.co.jp

プログラム

10:00~10:05
ご挨拶
開会のご挨拶
パーソルホールディングス 代表取締役社長 CEO 水田 正道
10:05~11:50
基調講演
10:05~11:00
変革の時代における企業経営のあり方
- TAKEDAの世界戦略とグローバル経営におけるチャレンジ
11:00~11:50
社会・経済環境の変化と日本型人材マネジメントのアップデート
- 変革の時代における日本企業の経営・人材競争力強化に向けた提言
11:50~12:50
休憩(60分)
12:50~15:10
テーマ別講演※ご興味のある講演を選んでご受講ください
※ご興味のある講演を選んでご受講ください
テーマ別公演①
HRテック&人事データ活用
12:50〜14:10
人事データ活用がもたらす組織イノベーションとは?
- HRテック最新トレンドとピープルアナリティクス最新事例
14:20〜15:10
事業戦略を加速させるニッポンの人事部
-「人が命」の総合商社 双日における戦略人事の取り組みとは?
※本講演では、冒頭でパーソル総研からタレントマネジメントに関する最新の調査結果についてご報告させていただきます。
テーマ別公演②
副業・兼業&ミドル・シニア躍進
12:50〜14:10
人生100年時代のキャリア自律と副業・兼業
- 解禁3年を経たロート製薬に学ぶ、パラレルキャリアを推進する意義とは?
14:20〜15:10
組織高年齢化時代におけるミドル・シニア躍進の科学
- ミドル・シニアが活躍するための人材・組織マネジメントとは?
パーソル総合研究所 小林 祐児 石橋 誉
テーマ別公演③
世界の最先端の「学び」
14:20〜15:10
最先端の脳科学で人材開発をアップデートする
- 今必要な企業における教育とは?
テーマ別公演④
グローバル人事&外国人材雇用
12:50〜14:10
最新のAPAC就業意識調査から読み解くグローバル人事戦略のヒント
- 現地マネジメント現場から見た、進化する海外と取り残される日本人
14:20〜15:10
日本企業のための外国人材雇用とこれからの採用戦略
- 新在留資格で本格化する、採用グローバル時代に必要な戦略と意識改革
パーソルホールディングス 外国人材事業推進部長 多田 盛弘
15:10~15:25
休憩(15分)
15:25~16:55
基調講演
世界の経営学が示唆する、イノベーション創出のための人材・組織マネジメントのあり方
16:55~17:15
休憩(20分)
17:15~18:00
企業別講演※ご興味のある講演を選んでご受講ください
※ご興味のある講演を選んでご受講ください
17:15〜18:00
ヤマトが変われば物流が変わる
- デジタルトランスフォーメーションと経営構造改革の一体推進
17:15〜18:00
伝統とイノベーションの融合をどう図るか?
- グローバル・デジタル時代におけるNTTデータの人材・組織変革
※講師、講演内容などは都合により予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

登壇者

入山 章栄
入山 章栄 氏
早稲田大学大学院
早稲田大学ビジネススクール 教授
慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で、主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。 2013年より早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授。 2019年より現職。「Strategic Management Journal」「Journal of International Business Studies」など国際的な主要経営学術誌に論文を多数発表 ―著書
『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)
『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経BP社) 他
平手 晴彦
平手 晴彦 氏
武田薬品工業株式会社
コーポレート・オフィサー
慶應義塾大学経済学部を卒業。日製産業、ドイツドレーゲル社アジア代表、ロシュ・ダイアグノスティックス社代表取締役社長、米国メルク社シニアバイスプレジデント、万有製薬の代表取締役社長、グラクソ・スミスクライン社代表取締役専務を経て、2010 年に武田薬品工業に執行役員として入社。中国事業の再構築をなした後に、現在は本社機能の国際化を目指し、対外折衝等を統括する。
日本の製薬業界では知名度が高く、日本製薬団体連合会 (FPMAJ) の役員、日本製薬工業協会(JPMA)の常任理事、米国研究製薬工業協会 (PhRMA) 日本代表を歴任。
現在は、経済同友会の幹事、国際製薬団体連合会 (IFPMA) 理事会ヴァイスチェアを務める。
岩本 隆
岩本 隆 氏
慶應義塾大学大学院経営管理研究科
特任教授
東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D.。日本モトローラ(株)、日本ルーセント・テクノロジー(株)、ノキア・ジャパン(株)、(株)ドリームインキュベータを経て、2012年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授。
山形大学産学連携教授、(一社)日本CHRO協会理事、(一社)日本RPA協会名誉会員、HRテクノロジー大賞審査委員長。
河西 敏章
河西 敏章 氏
双日株式会社
理事 人事 総務•IT業務担当副本部長 兼 人事部長
1990年日商岩井(現双日㈱)に入社。審査業務から主にキャリアをスタートし、1997年には初めての駐在としてブラジルに渡る。
2004年に日商岩井退社。他業界で3年間、取引先の選定と管理の仕組みづくりに従事。
2007年双日に入社後は、法務部課長、リスク管理部長を歴任し、米国駐在を経て2018年6月より人事部長に就任。
現在、人事部長としてヒトが育つ仕組みづくりとタレントマネジメントに注力中。子供二人、週末は家内と散歩するのが楽しみ。
石山 恒貴
石山 恒貴 氏
法政大学大学院政策創造研究科
教授・研究科長
一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。日本労務学会理事、人材育成学会理事。主な著書:『越境的学習のメカニズム』福村出版、2018年 、『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、2015年、『会社人生を後悔しない40代からの仕事術』(パーソル総研と共著)ダイヤモンド社、2018年
矢倉 芳夫
矢倉 芳夫 氏
ロート製薬株式会社
広報・CSV推進部 副部長
1985年大阪大学経済学部卒。同年ロート製薬入社。広告・営業・広報を経て、通信販売事業の立ち上げを経験の後、人事部門へ。ネット経由ではなく電話によるエントリーからスタートする「生コミ採用」を実施し、採用の常識に一石を投じた。2016年には、企業の枠を超える社外チャレンジワーク制度(複業解禁)、部門の枠を超える社内ダブルジョブ制度の制度化に携わる。2016年6月より現職。
能村 幸輝
能村 幸輝 氏
経済産業省 経済産業政策局
産業人材政策室長
2001年 経済産業省入省。人材政策・税制担当、エネルギー政策・資源外交担当、原子力被災者支援担当、大臣官房総務課政策企画委員などを経て、2018年より現職。
経産省の人材政策の責任者。テレワーク、副業・複業、フリーランスなど「多様な働き方」の環境整備、リカレント教育・AI人材育成、HRテクノロジーの普及促進などを担当。
牧浦 真司
牧浦 真司 氏
ヤマトホールディングス株式会社
常務執行役員 社長室長
日本興業銀行産業調査部等で一貫して情報通信産業を担当。特に勃興期のネット産業に於ける調査・事業企画に従事。その後メリルリンチ日本証券に移り、常務マネージングディレクターとしてIT・運輸物流企業による大型資本調達、M&A、企業再生案件等に従事。
2015年7月にヤマトホールディングスに入社。入社直後に経営構造改革を提案し、現在は社長室長としてグループ全体の経営構造改革及びデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを担当。
髭 直樹
髭 直樹 氏
株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ
金融事業推進部 デジタル戦略推進企画部部長
2000年NTTデータ入社。15年にわたり大規模銀行向けの開発プロジェクトでシステムエンジニア、プロジェクトマネージャとして数々のサービス開発に携わったのち、人事本部へ異動。人事本部では人財開発担当として全社育成戦略の策定、階層研修のリニューアルを担当したのち、採用担当の責任者として新卒、中途採用の戦略立案から新規企画の立ち上げに従事。現在は金融分野全体のグローバル推進を担当。既存の枠組みにとらわれず、常に新しいチャレンジに取り組む組織への変革を目指している。
松浪 慶太
松浪 慶太 氏
株式会社みずほフィナンシャルグループ
株式会社みずほ銀行
グローバルキャリア戦略部 部長
1991年早稲田大学法学部卒業。同年、富士銀行(現在のみずほ銀行)入行。直近7年間は、ソウル、上海、香港で国際業務を担当。2018年4月より、グローバルキャリア戦略部部長として、社員の人材育成、採用、グローバル人事施策、ダイバーシティ&インクルージョン推進などを担当。
飯田 智紀
飯田 智紀 氏
株式会社ベネッセコーポレーション
大学・社会人事業開発本部 部長
ベネッセコーポレーション学校カンパニー大学・社会人事業開発本部部長。ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)およびソフトバンクグループ株式会社にて、経営企画・グループ会社管理/事業再生・国内外投資業務などに従事。15年9月よりベネッセホールディングスに参画。中期経営計画の策定などに従事した後、18年4月より、ベネッセコーポレーションにてリカレント教育事業などの新規事業開発を推進中。
青砥 瑞人
青砥 瑞人 氏
株式会社ダンシング・アインシュタイン
Founder CEO & Neuro-lnventor
日本の高校を中退。米国大学UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の脳神経科学学部を飛び級卒業。脳の知見を、医学だけでなく人の成長に応用し、かつAIの技術も活用する、NeuroEdTechRとNeuroHRTechRという新しい分野を開拓。同分野において、幾つもの特許を取得する脳神経発明家。新技術も活用し、ドーパミン(DA)が溢れてワクワクが止まらない新しい学び体験と教育・共育をデザインすべく、株式会社DAncing Einsteinを2014年に創設し、Founder CEOも務める。

過去のイベントの様子

トップアイコン