イオンモールが挑む
業界初の人材発掘の試み

1000名以上が働く職場を復興のシンボルに

小売

人材派遣・採用支援

課題テーマ
地方創生 アルバイト Uターン 
中途採用 人材DB 開業支援
イオンモール株式会社様 /
業種:小売 / 設立:1911年
純粋持株会社イオン株式会社と国内外300を超える企業で構成されるイオングループの中核を担う商業ディベロッパーとして、グループのインキュベータ(起業に関する支援者)の役割を担われています。マーケット調査から企画・開発、テナント誘致、運営・管理に至るまでトータルで行い、2007年8月には、同じ商業を専業とするディベロッパーの(株)ダイヤモンドシティと合併し、新生イオンモールとして新たなスタートをきりました。国内ナンバーワン商業ディベロッパーとしての揺るぎない地位を確保し、「輝きのあるまちづくり」をコンセプトに、地域社会と一体となった“まちづくり型”の開発を展開しています。

2018年6月に開業予定のショッピングセンター「イオンモールいわき小名浜」(福島県いわき市)の開業に向けて、イオンモールが総合人材サービスのPERSOL(パーソル)グループと組んで業界初の挑戦をしている。日本全体で人材不足の中、新たなモールの開業には1000名単位での採用が必要となる。

「モール内に出店する専門店の求人は、一般的に専門店が人材を募集し採用するが、今回はイオンモールが専門店が確定する前から『イオンモールで働きたい人』を募集している」

いわき市で取り組む背景や進捗について、イオンモール常務取締役の藤木光広氏と、パーソルホールディングス グループ営業本部長の渋谷和久氏に聞いた。

イオンモールいわき小名浜を
復興のシンボルに

イオンモール常務取締役 リーシング本部長 藤木 光広
イオンモール常務取締役 リーシング本部長 藤木 光広

藤木いわきは東日本大震災で大きな被害を受けました。今回開業する「イオンモールいわき小名浜」計画地周辺は、水族館の「アクアマリンふくしま」などのほか、観光物産センターなどもある福島県内屈指の観光スポットです。

私たちは、ショッピングセンターとして復興やにぎわい創出に貢献するとともに、地域の皆様の安全・安心を守る「防災モール」としての取り組みも行っています。建物は地上5階建てで、万一の津波の際も、想定される最大浸水高を確保するために1階を駐車場としており、災害時には3階~屋上階が避難階となります。

渋谷復興のシンボルとなるモールになりそうですね。一方で、人手確保が全国的に課題になりつつあります。パーソル総合研究所では、2025年に日本全体で583万人の人手が足りなくなると試算しています。
特に卸売・小売では188万人が不足するという見込みです。大げさでなく今後企業は、選ぶ側ではなく、求職者から選ばれる存在にならなければ持続的な成長ができない時代になるでしょう。今回、「イオンモールいわき小名浜」の開業にあたっては、PERSOLグループもプロジェクトに参加させていただいていますが、貴社のようなディベロッパーが専門店の人材確保を支援するという、業界では前例のない取り組みを行われていますね。

パーソルホールディングス グループ営業本部 本部長 渋谷 和久
パーソルホールディングス グループ営業本部 本部長 渋谷 和久

藤木いわきに限らず、当社の専門店企業の皆様にとって、アルバイトを含む従業員の確保が年々難しくなっています。オープニングスタッフはもとより、開店後しばらくしても、本部からの応援で店舗を運営しているような専門店企業様もあります。

「イオンモールいわき小名浜」の専門店数は約130店で、従業員の方々は計1000名以上となる予定です。出店を案内しても、「復興の意義には共感するものの、従業員が確保できないのではないか」と懸念される声が少なくありませんでした。当社の採用支援として、人材を幅広い範囲で掘り起こすことができないかと考えました。

渋谷正直、お話をいただいた当初は、実際に小名浜でそれだけの人を集めることができるのか自信はありませんでした。小売業における人材不足は全国的に切実な問題となっていますから。しかし、現地に入って調査を行ったところ、多くの皆様が、イオンモールができることをとても楽しみにしていらっしゃることがわかり、これは何かできるかもしれないと感じました。

藤木私も正直なところ、不安はありました。地元の皆様からは、「震災以降、若い人はみんな水戸や柏、東京などに出てしまった」とも言われました。ただし、それは「働く場所がないからではないか」とも感じていました。実際に、若い人たちも年末年始にはふるさとに帰ってくるわけですから。

業界初の取り組みで
1000名以上が登録

渋谷PERSOLグループでは、2017年12月より、求人広告掲載、求人向けホームページ開設、登録説明会の開催などのお手伝いをさせていただきました。その過程では、藤木さんのアイデアのもと、年末年始に帰省した人たちをターゲットに、ダイレクトなアプローチを狙いました。

また、グループ総力をあげて、人材派遣、求人メディア、採用アウトソーシングなどさまざまなサービスを組み合わせてご提供しました。さらに、全国にある拠点網を生かし、東北地域で実績があり、いわき市内に拠点のあるグループ会社による現地での密着したご支援ができたのもPERSOLグループならではだと自負しています。

藤木現在(2018年4月12日)までにすでに目標以上となる1000人を超える方に応募いただいています。専門店についても約50の専門店が今回の採用支援の仕組みに参画していただいており、すでに内定者も出ています。仕事を求める人にヒットするアプローチがきちんとできれば、成果につながるという手応えも感じました。

渋谷PERSOLグループとしても、専門店企業様が出店を決める前から、ディベロッパーが自ら採用をサポートするというような取り組みは初めてです。試行錯誤しながらも新しい発見もありました。働くだけでなく、生活する場所であり、遊ぶ場所である地域のコミュニティの拠点となるモールをみんなでもう一度作ろうというコンセプトが支持されたのではないでしょうか。

藤木新たな人材の掘り起こしのため、モールで働く従業員の皆様がより働きやすい環境整備も進めています。モール内には働く方が利用できる365日・7時~22時開園する保育所も設置します。また、休憩室にはテレビや雑誌の設置のほか、一人席やコンセント設置エリアなど用途に応じた休憩スペースを用意しています。

将来的には、さらに多様な働き方のニーズにも応えていきたいと考えています。今回は準備できなかったのですが、Wワークなどについても、当モール内で仕事を探したり求人ができたりする仕組みができればいいのではないかと考えています。たとえば、ランチタイムで忙しいお昼の3時間はモール内のA飲食店で、その後はBアパレルショップで勤務できれば便利ですよね。制服を着替えるだけでいいし、休憩時間に保育所にお子さんの様子を見に行くといったこともできます。

 

人材課題のパートナーとして
企業の成長を支援するPERSOL

渋谷お話を伺っていると、役員である藤木さん自ら率先してアイデアを出すとともに、その実行に至るまで迅速に意思決定、コミットメントをされていることが感じられます。

藤木私は、個人的には知恵を出すことで解決できることも多いと思っているのです。今はまだ生みの苦しみの段階ですが、経験を積んで、全国のいろいろな場所で成功事例を作っていきたいと考えています。

もちろん、立地環境によって条件はまったく異なるでしょう。たとえばインバウンドが強い店舗であれば外国人を採用するということもあるかもしれません。さらに、人手不足は当社だけの問題ではなく、日本の社会全体の大きな課題です。当社のような取り組みが、業界の他社さらには他の業界にも広がるといいですね。

モールの求人もずっと続きます。いわき小名浜はこれからスタートするのであって、今後数十年のビジネスとなります。パーソルさんには今後ともぜひ、プロフェッショナルとしてのアドバイスやサポートなど、パートナーとしての役割を期待しています。

渋谷PERSOLグループのビジョンは「人と組織の成長創造インフラへ」です。また最近では「はたらいて、笑おう。」というキャッチフレーズを広告などで展開しています。これらには、働く人にさまざまな成長の場や機会をご提供すると同時に、組織の成長にも貢献したいという思いが込められています。今日のお話を伺って、あらためて貴社の取り組みと当社の思いに相通じるものがあると感じました。本日はどうもありがとうございました。

藤木ありがとうございました。

イオンモール常務取締役 リーシング本部長 藤木 光広/パーソルホールディングス グループ営業本部 本部長 渋谷 和久

本記事は2018年5月25日 東洋経済オンラインに
広告掲載されたものです。
今回ご提供したサービスの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

関連するサービス

お問い合わせ

受付時間 9:00-19:00(土日祝日を除く)

PAGETOP
PAGETOP