社員インタビュー

人事の未来を作る挑戦とは

グループ人事本部 タレントマネジメント部 山崎

グループ人事本部 タレントマネジメント部 山崎

新卒で旧インテリジェンス(現パーソルホールキャリア)に入社し、M&Aを機にパーソルホールディングスのグループ人事本部へ。一貫して人事領域に従事し、人事情報室長を経験後、現在はタレントマネジメント企画室長。

「人と組織の成長を科学し、
支援する」
ことが人事のポリシー

グループ人事本部では、「人と組織の成長を科学し支援する」ことをポリシーとして日々の業務を行っています。グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」に基づき、あらゆる社員および組織が成長し続け、創造を生み出せるように、先進的な人事制度、人事施策を打ち出しているところです。

私の担当するタレントマネジメント企画室では、パーソルグループのタレントを人事データなどから可視化、分析し、施策を通じて活用していくことがミッション。そのためにはシステムの整備や分析も必要です。特にピープルアナリティクスに代表される分析についてはこだわりを持って取り組んでいて、人事データを科学的見地から活用できる状態を目指しています。

パーソルグループだからこそできる、
と言われるような施策を

例えば、「退職予測モデル」と「異動後活躍予測モデル」といった取り組みがあります。「退職予測モデル」は、過去の人事データをもとに、現在の社員の状態から退職の確率を予測するというもの。従来の人事がやっていたのは退職した人の調査をして、今後このようなことが起こらないようにしようという方法ですが、「退職予測モデル」は、将来を予測して退職を未然に防ごうとする取り組みです。

また、「異動後活躍予測モデル」は、社員を異動させた方がいいかどうかに加えて、異動先で活躍できる確率を導き出すための取り組みです。従来は経験豊富な上長の考えや勘が重視され、その人の一存で社員の異動が成立することが多く見られましたが、規模の大きな会社では一人に一存するわけにはいきませんその点、「退職後活躍予測モデル」なら、データを用いた予測モデルであるため、属人化することなく異動検討が可能です。

この2つの取り組みが先進的であると評価され、HRテクノロジー大賞をいただきました。今後はこれらの取り組みを掛け合わせて精度の高い人事を実現していくことが重要になっていくと考え、さらなる取り組みを進めていきます。具体例を挙げると、パーソルグループの全社員を対象にした公募型の異動制度、「キャリアチャレンジ制度」。募集要件に合っていて、審査に合格すれば、グループ内各社間での転籍が実現できるというもので、異動配置による機会の提供が社員の成長を促進するというグループの考えに基づいた施策です。

このようにパーソルグループだからこそできる、と言われるような先進的かつ実験的な施策を行い、世の中に意味のある発信をしていきたいと考えています。

挑戦することで自分の成長が
感じられる、
刺激的な環境

グループ内各社にも人事は存在していて、全部で200人以上の社員が人事の担当者です。パーソルホールディングスの人事が一方的に企画するのではなく、現場の意見がきちんと反映された企画にしていくことが大切だという考えから、当社の人事はグループ内各社の間に入ってまとめ上げていく役割を担っています。

私は人事一筋で11年目になりますが、自分で挑戦の機会を作ってそれを達成することによって、早く成長することができたと実感。その一方で、11年経ってもまだまだ自分の課題と向き合うことができて、こういうことがやりたい、こういうことが足りないと日々感じられる刺激的な環境です。管理職になったからといって人をまとめるだけではなく、プレイヤーとしてどんどん新しいことを生み出すことを求められていますし、それが楽しいと日々感じながら働いています。

※各社員の所属およびインタビューの内容などは2018年2月現在のものです。

申し込み

パーソルグループの経営支援やグループ一体経営の推進を行う組織です。
多様なプロフェッショナルとしてのご経験、キャリアを活かせるフィールドがあります。
ブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」の世界観を、ホールディングスの管理部門から支え、
牽引していく方の応募をお待ちしています。

PAGETOP
PAGETOP