Interview社員インタビュー

経営そのものの当事者意識で
グループビジョン「はたらいて、笑おう。」実現に貢献する。

グループ経営戦略本部 経営企画部 工藤

グループ経営戦略本部 経営企画部 工藤

キャリア採用にてパーソルホールディングスに入社。経営企画部長としてグループ全体の中期経営計画の立案や実行推進とともに、社内外への浸透推進機能を担っている。

自分たちが経営目線に立って
けん引する側

企業によって経営企画部の役割は異なるものですが、パーソルホールディングスの経営企画部のミッションはパーソルの”経営そのもの”として、戦略ストーリーを磨き続け、社内外への浸透を当事者意識で推進し、”パーソルの目指す姿”への共感、信頼を獲得することです。

パーソルグループがビジョンとして掲げているのは、「はたらいて、笑おう。」。多様な価値観を持った個人に向き合い、世界中の誰もが、自分の“はたらく”を、自分で決められる未来を創っていくことを目指しています。グループとして社会にどんな価値が提供できるのか、日本だけではなくアジア・パシフィック地域でどんな存在になるのかを、常に追求しています。

経営トップからの課題や戦略を待つまでもなく、パーソルホールディングスの経営企画部は、1つの部署の立場でありながら、経営トップと同じ目線で考えて提案すること、それ以上の行動力で経営をけん引していくことが期待されています。経営の役割として、経済的価値創出はもちろんのこと、自分たちがどうしたらよりグループビジョンの実現に近づけるのか、社会的価値を生み出し、世界に存在意義を示すのかを考えながら、職務に臨む毎日です。

パーソルグループは現在、通期売上9,000億円超の業界トップクラスの実績を誇っています。また、M&Aによる海外子会社の拡大により海外の売上比率は約3割に達しています。日本からアジア・パシフィック地域においても価値提供する基盤構築の途上である今、経営企画部の一員としてグループの次の戦略を考えるというミッションには、とてもやりがいを感じます。

グループビジョンの実現に役立つと
考えることなら何でもできる

その人が成長できるかどうかは、その人自身がやりたいと思っていることと、会社や部署のやりたいことが重なっていてこそ。当社の経営企画部としては、自分で課題を設定して、パーソルグループに必要なのは何で、その理由はこうで、だからこういうやり方であるべきだ、という意思を持って仕事に取り組めることを求めています。そのような人なら、当社で必ず成長できるでしょう。

グループビジョンを実現するために、その人が考える価値観、判断基準で正しいと思うことであれば、何でもできる。「それはあなたの役割ではない」と言われることは絶対にありません。このような環境にやりがいを感じてくれる人がいたら、ぜひお話ししてみたいですね。

※社員の所属およびインタビューの内容などは2018年2月現在のものです。
※2020年3月に一部修正を致しました。

応募

パーソルグループの経営支援やグループ一体経営の推進を行う組織です。
多様なプロフェッショナルとしてのご経験、キャリアを活かせるフィールドがあります。
グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の世界観を、ホールディングスの管理部門から支え、
牽引していく方の応募をお待ちしています。