社員インタビュー

「この会社に入って良かった」
と言われることが、何よりの喜び。

グループ営業本部 グループ営業企画部 田口

グループ営業本部 グループ営業企画部 田口

パーソルグループ全体の営業の企画業務を行う。社内イントラの改定をはじめ、グループ全体を通じた施策を実施。目下、グループ内各社の営業担当者の業務改善、サービス向上に取り組んでいる。

どうすればパーソルグループが
「成長創造インフラ」を体現できるか

グループ営業本部は、格好良く言うと、パーソルグループが営業の現場でどのようにして成長創造インフラをお客様に向けて体現できるかを考える組織です。成長創造インフラというのは、私たちのグループビジョンに掲げられている言葉。そして私たちにとってお客様とは、仕事を探す個人の皆様と、採用を検討される法人の皆様との2つの属性があり、グループ営業本部では特に法人のお客様に向けた活動を行っています。

パーソルグループは働く人にさまざまな成長の場や機会を提供するとともに、企業の成長に貢献する幅広いサービスを提供することで、まるでインフラのように、社会にとってなくてはならない存在であり続けたいと願っているのです。

実際にお客様と接する営業活動はグループ内の各社に所属する営業担当者が行っていて、パーソルホールディングスの営業企画室の役目は、グループ内の4000人を超える営業担当者たちに成長創造インフラの体現を実践してもらうこと。密に連携を取り、営業企画室の起案を現場にぶつけて声を拾い上げ、改善を繰り返しながら現場で腹落ちするようなプロジェクトとして立案するようにしています。そして実際にプロジェクトが実施される段階では、裏方に回ってサポートする立場に徹するというわけです。

単体サービスだけではなく、
グループ内各社にわたる幅広いサービスを

具体的なプロジェクトとしては、派遣セグメントとリクルーティングセグメントは非常に近しい関係にあるので、自分の担当を越えたサービスをお客様に提供しようという取り組みがあります。例えば、派遣で人材を求める企業はパーソルテンプスタッフへ、正社員で人材を求める企業はパーソルキャリアへ依頼をいただくのが一般的ですが、中には両方のニーズがあったり、派遣よりも正社員、正社員よりも派遣の方が適するケースが生じたりするものです。

そのような時に、派遣の営業であっても紹介の領域までしっかり補えるノウハウやスキル、対応できるシステムがあることが成長創造インフラの第一歩だと考えています。「何でも解決できますよ」というスタンスであってこそ、お客様にとってなくてはならない存在でありえるはずです。

近年、日本では人手不足が深刻化しています。自分の担当している単体サービスだけでなく、幅広いサービスの提供を前提としてお客様と向き合うことが、私たちの価値なのではないでしょうか。これを第一歩として、今後は第二歩、第三歩となる可能性を見つけて改善していきたいと考えています。

「はたらいて、笑おう。」を
実現できるチャンス。
ぜひチャレンジしてほしい

このプロジェクトにあたり、一部のグループ会社では営業担当者への評価制度も変えました。自分の担当サービス以外であっても、成果を上げたらきちんと評価できる仕組みづくりです。評価で給与が決まり、社員一人一人の生活にまで影響を与えるわけですから、適正な評価ができることで社員のモチベーションが違ってくると考えています。それによってお客様に対するサービスが向上し、グループ全体のアウトプットも向上していくでしょう。

「はたらいて、笑おう。」がパーソルグループのキャッチフレーズ。当グループにいる以上、全員がその意味を考えています。私にとっては、「この会社に入って良かった」と営業担当者に言ってもらうことが一番、笑顔になれる要因。これから入社してくる皆さんにとっても、それぞれに働く理由や目的があるはずです。パーソルグループ、そしてパーソルホールディングスには、それを実現できる大きな可能性があります。

この規模の会社が生まれ変わろうと本気で取り組んでいるというのは、国内を見わたしてもあまり例のないこと。大きな責任が伴うという難しい面もありますが、その分やりがいもあります。ぜひチャレンジしてみてほしいですね。

※各社員の所属およびインタビューの内容などは2018年2月現在のものです。

申し込み

パーソルグループの経営支援やグループ一体経営の推進を行う組織です。
多様なプロフェッショナルとしてのご経験、キャリアを活かせるフィールドがあります。
ブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」の世界観を、ホールディングスの管理部門から支え、
牽引していく方の応募をお待ちしています。

PAGETOP
PAGETOP