社員インタビュー

ワークフローシステムの統一で、
経営戦略実現への手応えが。

グループIT本部 BITA部 システム企画室 大部

グループIT本部 BITA部 大部

パッケージシステムの導入コンサルを経験後、パーソルホールディングスのグループIT本部へキャリア採用にて入社。グループ内共通のワークフローシステムを担当している。

グループ内各社のシステム統一
による
業務効率化を図る

パーソルグループはM&Aにより、ここ数年で規模が大きく拡充しました。そこで、M&A以前は業務に使うシステムはグループ内各社でバラバラでしたが、一部のシステムをグループで統一化することに決定。グループ全体で利用するシステムの企画から運用までをプロジェクト推進するのが、私が所属するシステム企画室です。

その中で私は、グループ共通のワークフローシステム※を担当。グループ会社やHD事業部門と業務プロセスを可視化し、ワークフローシステムによる業務効率化を一緒に考えています。

まだ始めたばかりですが、RPAシステムも担当していて、バックオフィスにおける事務作業の削減も実現しています。私が担当しているシステムを通じて、グループ全体のユーザーの業務効率化に貢献できればうれしいですね。

※ワークフローシステムとは:申請業務を電子化したもの。届出申請や報告、稟議などを電子化することで、業務の効率化や内部統制の強化を目指している。

コストダウンの実現と、
グループ内を
つなぐ役割が
できたことに達成感

2017年には決裁・集中購買の業務において、グループ共通のワークフローを導入するプロジェクトを担当しました。あくまで各社のプロジェクトマネージャーが主導で進めていて、パーソルホールディングスとしてはサポートというより、リードしてやっていくというのが正しい表現かもしれません。助言よりも、道筋を示して付いて来てもらうという感じです。

このプロジェクトでは、システムによって業務効率化ができたことにより、年間約1200万円のコストダウンを見込んでいます。このようにグループ内をつなぐ役割ができたことにはとても達成感を覚えています。

もちろん苦労した面もあります。グループ各社によって状況がまちまちな中、20社以上に同時に導入したため、実務を担う社員の一人一人がシステムを使い込めるまでに落とし込むのが非常に大変でした。

未経験の業務でも、やる気があれば
任せてもらえて、成長できる

実は私、このプロジェクトに携わる前までは企画というものをやったことがありませんでした。前述のグループ共通のワークフローシステムを導入することは決まっていましたが、どうやるかは決まっていない段階で私が中途入社し、1年目で企画から参加しました。無事にリリースまで漕ぎ着けることができ、自分自身、この仕事で大きく成長できたと感じています。

さまざまな会社が加わり、新たに歩み出したグループなので、自らが考えて動かなければ何も始まりません。考える力や行動力のある人なら、当社はその特性を存分に発揮できる環境だと思います。私はこれから、一つ一つのプロジェクトの目的を常に考えつつプロジェクトマネジメントしていき、自身の介在価値を高めたいです。そして、ユーザーの業務効率がガラッと変わるような影響力を持ったプロジェクトを企画していきたいですね。

※各社員の所属およびインタビューの内容などは2018年2月現在のものです。

申し込み

パーソルグループの経営支援やグループ一体経営の推進を行う組織です。
多様なプロフェッショナルとしてのご経験、キャリアを活かせるフィールドがあります。
ブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」の世界観を、ホールディングスの管理部門から支え、
牽引していく方の応募をお待ちしています。

PAGETOP
PAGETOP