社員インタビュー

事業会社だからこそ、
自分の会社に貢献できる監査が面白い。

グループ監査本部 監査部 加賀谷

グループ監査本部 監査部 加賀谷

リスク管理、内部監査のコンサルティング会社にて10年ほど経験を積んだ後、パーソルホールディングス監査部へキャリア採用にて入社。エキスパートとして監査企画業務も担当。5歳の子どもを育てながら、仕事と家庭を両立している。

自分で決めていける面白さと、
自分で判断を下す難しさがある仕事

パーソルホールディングスの監査部の主な業務は、グループ各社の業務が経営目標の達成に向けて適切に行われているか、法令等に違反していないかを確認して、改善点を監査対象会社へアドバイスすることです。その中で私は、内部監査、リスク管理、内部統制に関するエキスパート職という立場で、1人のメンバーとしてグループ内の各社に出向いて監査業務を行うとともに、監査の企画業務全般にも携わっています。

グループ内の各社は別会社でありながら、深いつながりがある。各社の担当者も、志を同じくするグループ会社だからこそストレートにいろいろと話してくれます。このような前提があるからこそ、監査が上手く進められると感じています。

体制が変わって間もない部なので、まだ監査の方法論を確立している過程です。その分レールがないので、周りと相談しながら自分で決めていけるという面白さと、決して間違えてはいけない中で自分自身がその都度判断を下してやっていく難しさがある仕事だと思っています。

子育てがしやすい点、会社の
成長とともに
歩める点に魅力を
感じて転職

パーソルホールディングスに入社する前には、リスク管理や内部監査等のアドバイザリーを行うコンサルティング会社に10年くらいいました。クライアント企業に対して新しい仕組みの導入や、既存の仕組みの高度化をアドバイスするのが主な仕事でしたが、お客様から緊急の対応を求められれば、時間帯にかかわらず対応しなければならないというのがコンサルティング会社の宿命です。子育てと両立するのが大変だったことが、転職を考え始めたきっかけになりました。

そして、コンサルティング会社に勤めている人は同じ経験があるかもしれませんが、「自分の会社で、会社の成長に貢献するために監査をやりたい」という想いが募ってきたことが、もうひとつの転職の理由でした。前職では多くの場合、導入までが業務範囲でした。何年もかけて仕組みをブラッシュアップしていって、結果までも見守ることができるのは、事業会社ならではです。パーソルホールディングスはそんな想いを持った私が探して見つけ出した、理想通りの職場だと感じています。

この先、何年もかけて会社が変わっていく。監査のあり方は会社の成長によって変わり、監査の貢献により、会社の成長度合いも変わっていくかもしれません。そんなタイミングでパーソルホールディングスにかかわれるのは、めったにないチャンスだと思っています。

これから伸びていく貴重な人材を
育てられる部門になっていきたい

監査部は全メンバー8人のうち、6人が女性です。監査というセクションでは珍しいかもしれませんね。会社全体で見ても男女比が半々くらいで、男女の差別は特にありません。私と同じように子育て中の女性も多いですし、男性もいわゆる「イクメン」が多くて、全体的に育児への理解度は高いと思います。自分で裁量を持って仕事に取り組めるので、子育て中のネックになりがちな時間の管理もしやすいですね。

私は前の会社で産休、育休を経験しましたが、パーソルでも今後、産休、育休を経てますます飛躍する女性が増えていくのではないでしょうか。

監査は、グループ各社の課題を第三者的立場で確認して、改善案を各社とともに検討する、非常にユニークな職種です。新しい体制になって間もない私たちですが、将来的には監査で培った経験を生かして、広い視野でグループを支えていける人材を輩出できる部門になりたいと思っています。

※各社員の所属およびインタビューの内容などは2018年2月現在のものです。

申し込み

パーソルグループの経営支援やグループ一体経営の推進を行う組織です。
多様なプロフェッショナルとしてのご経験、キャリアを活かせるフィールドがあります。
ブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」の世界観を、ホールディングスの管理部門から支え、
牽引していく方の応募をお待ちしています。

PAGETOP
PAGETOP