パーソルかるた【お】

会社名

パーソルAVCテクノロジー株式会社

かるた解説

どんなリクエストにも応える企業風土

パナソニックの技術開発子会社としてのルーツをもつ2社がパーソルグループに入ってできた会社なので、AVC(オーディオ・ヴィジュアル・コミュニケーション)の分野に実績があり、高い技術力を誇っています。最近は自動車関連、企業向け機器、社会インフラ関連などにも活躍の場を広げています。
お客さまの要望、市場ニーズは幅広く、人それぞれの「あったらいいな」があるはずです。どんなリクエストに対しても「できない」とは決めつけず、最適・最速のソリューションを提案していく企業風土が強みです。

かるたワード解説

高い技術……ソフトウェアとハードウェア、それぞれの設計技術が高いので、両者の組み合わせによって、さまざまな開発を行えます。本社があるのは“モノづくりの町”大阪の高槻市です。

2020年のトピックス

タイヤ溝計測器「みぞみるくん(仮称)」を開発!

2021年1月に自社製品であるタイヤ溝計測器「みぞみるくん(仮称)」の開発を発表しました。2020年はその開発に取り組んだ1年でもありました。
「みぞみるくん(仮称)」は、レーザー光を使って、誰でも迅速、正確、簡単にタイヤの溝が計測できるハンディ型計測器です。試作段階の大きさではお客さまに納得してもらえなかったので、片手で持てるコンパクトサイズにまで小型化することを目標としました。ソフト面、ハード面、それぞれの開発担当者が試行錯誤を繰り返し、納得のいくコンパクトサイズを実現できました。パーソルの広報を通してプレスリリースを行い、多くの問い合わせが寄せられています。

事業内容

5つのコア技術を生かして最速、最適なソリューションを提供

・映像音響機器、コンピュータ応用機器、精密機械機器などの開発・設計・製作の受託

・ソフトウェア、アプリケーション、クラウドシステムなどの開発

・さまざまな製品に対する仕様検証サービス

これまで映像音響機器、生活家電、車載機器などの分野において、仕様検討、開発設計から製品検証、品質保証まで、幅広く技術サービスを提供してきました。主要クライアントの国内大手電機メーカーのもと、実績を積んでいます。
その技術力をより広い分野で生かしていくため、エレクトロニクス全般の製品開発を行うほか、クライアントのクラウドシステム、IoT、スマートファクトリー化などの受託開発も行っています。「クラウドサービス」、「アプリケーションソフト」、「デバイス制御ソフト」、「電気・電子回路」、「機械構造設計」を5つのコア技術として、さまざまなニーズに対して最速、最適なソリューションを提供しています。

社風

理論的に考えるよりも「とりあえずやってみよう!」

●社員コメント
太田 光(入社12年目/ソフト開発エンジニア)
伝統と変革という言葉は相反するように思いますが、弊社はいま、その過渡期を迎えているんだと思います。これまでは大手家電メーカーの製品など、強みであるAVC機器が中心でしたが、現在は強みを伸ばしながら、さらに新しい技術に対応できるように変革しているところです。
私はクラウドの開発を行っていますが、理論的に考えるよりも「とりあえずやってみよう!」という行動力が求められます。新しい技術にはとくにスピード感が求められるので、まず行動です。また、新しい仕事に対して「やってみたいです!」と手をあげれば、アサインしてもらえることがよくあります。新しいことにチャレンジしたい人にとっては、とてもいい環境だと思います。何かあれば、マネジメント層の方になんでも気軽に相談できるのがありがたいです。皆さん元エンジニアなので、現場の気持ちをよく理解してくれます。

社長からのメッセージ

モノづくりが大好きなエンジニアリング集団

AVC分野の開発業務で培った高い技術力とイノベーションをもって、お客さまとともに社会の成長に貢献し続けることをミッションとしています。社員の9割を占める技術者が日々お客さまに喜んでいただけるような商品やクラウドシステムの開発設計、検証を行っているように「モノづくりが大好きなエンジニアリング集団」です。
一人ひとりが常に自らの技術力を高めて成長を図り、多くのお客さまの役に立ちご満足いただける価値を提供していく。そのような一連の仕事を通じて社員とお客さまの「はたらいて、笑おう。」を体現してきましたし、これからも体現していきたいと考えています。

代表取締役社長
佐藤 晃一

DATA

設立年月日:1997年9月1日
平均年齢:39.7歳
男女比:8:2
事業所:大阪、神奈川、北海道
(いずれも2020年4月時点)

HISTORY

1986年:松下AVCソフト株式会社設立(松下電器産業の100%出資)

1991年:株式会社松下AVCテクノロジーに社名変更

1997年:松下AVCマルチメディアソフト株式会社設立(松下電器産業の100%出資)

2003年:松下AVCテクノロジーがパナソニックAVCテクノロジー株式会社、松下AVCマルチメディアソフトがパナソニックAVCマルチメディアソフト株式会社に社名変更

2013年:それぞれAVCテクノロジー株式会社、AVCマルチメディアソフト株式会社に社名変更(テンプスタッフ66.6%、パナソニック33.4%出資)

2017年:2社の株主変更(パーソルR&D66.6%、パナソニック33.4%出資)

2018年:2社を統合してパーソルAVCテクノロジー株式会社を発足(パーソルR&D66.6%、パナソニック33.4%出資)

2020年:大阪府高槻市に本社移転

福利厚生・社内取り組みなど

・キャリアパス……「能力・成果重視型」の職能資格制度(マネジメント職と専門職)
・キャリア支援制度……キャリアコンサルタントや産業カウンセラーの資格を持つ採用担当者が入社前、入社後をサポート。さらにキャリア支援室で相談も受付
・コアレスフレックスタイム制度、時短勤務
・在宅勤務
・ファミリーサポート休暇、特別休暇 ※男性の育児休暇取得も近年増加
・セミナー、講演会(他企業から講師を招聘)
・技術横串活動、パネルディスカッション(技術成果発表)

Webサイト

https://www.persol-avct.co.jp/

 

「パーソルかるた」に戻る

このページをシェアする