約900名の新入社員を対象に「パーソルグループ入社式2021」をオンライン開催!

日本全国、それぞれの場所で「はたらく」への希望を胸に、社会人としてのスタートを切った1日。

パーソルグループは、4月1日、南青山オフィスからからの配信をメインに、日本全国の会場や自宅をオンラインで繋いでの「パーソルグループ入社式2021」を開催しました。参加したパーソルグループの新入社員は約900名。新型コロナウイルス感染拡大防止のため一つの会場に集まることはできませんでしたが、オンライン上で会し、パーソルグループ社員としてのスタートを切りました。

プログラム

入社式の15分前からウエルカムコンテンツとして、今回導入されたリアルタイムアンケートシステムの使い方の練習をかねて、新入社員の皆さんに4つの質問が行われました。場が温まったところでカウントダウンとともに10時から入社式がスタート。まずは、4月1日付で社長に就任したパーソルホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEOの和田 孝雄からメッセージが贈られ、その後各SBU長から事業の内容紹介が行われました。
休憩を挟み後半は、司会による各SBUの先輩社員5名へのインタビュー、新入社員代表挨拶、感想シェアタイムと進み、最後は代表取締役副社長の高橋 広敏が挨拶を行いました。

入社式の様子

新入社員は、各オフィスや自宅、外部会場など、全国各地のさまざまな場所からオンラインで参加しました。オンラインならではのコンテンツも充実し、役員への質問や各コンテンツの感想など、その場で投稿してもらったものがリアルタイムにモニターで共有される場面もありました。



●パーソルホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEOの和田からのメッセージ

「新入社員の皆さん、ご入社おめでとうございます。」という言葉に続き、パーソルグループのグループビジョン「はたらいて、笑おう。」についての説明などを含めた祝辞が贈られました。

祝辞の内容はこちらからご覧いただけます。

●SBU長プレゼン

5つのSBU(Staffing SBU、Career SBU、Professional Outsourcing SBU、Solution SBU、Asia Pacific SBU)のSBU長による事業紹介プレゼンが行われ、最後にはすべてのSBU長に質問タイムが設けられました。質疑応答は、事前に考えられた3つの質問案を参加者に投げかけ、投票で一番多かった質問に答えてもらうというスタイル。下記は、Professional Outsourcing SBU長の正木 慎二の質疑応答の様子です。

選ばれた質問:「仕事をするときの信条は何ですか?」
正木の回答:「好きな言葉がいくつかあります。その一つは、上杉 鷹山の『為せば成る、為さねば成らぬ何ごとも、成らぬは人の為さぬなりけり』。やろうと決めたことはどんなことがあってもやりぬくというのを信条にしています。また、和田さんの好きな言葉でもありますが、『至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり』。相手が動かないとき、伝わらないときは自分の誠が足らないときだ、ということです。これまで和田さんの仕事を近くで見させていただきましたが、まさに誠実。この言葉も好きです。」


●先輩社員へのインタビュー

各SBU、入社2年目から6年目の若手社員に対し、司会者から「どんな仕事をしているの?」「やりがいはどう?」「どんなことにチャレンジしていきたい?」などの質問が行われました。インタビューを受けたのは次の5名です。
Staffing SBU/パーソルエクセルHRパートナーズ株式会社 エリア戦略本部の太田 こむぎ、Career SBU/パーソルキャリア株式会社 エージェント事業本部の髙村 茉矢、Professional Outsourcing SBU/パーソルR&D株式会社 東海開発本部の橋田 宙哉、Solution SBU/シェアフル株式会社 事業企画室の豊田 繁紀、Specialized Services/パーソルチャレンジ株式会社 人材SOL本部の下川 春菜(写真)。

 

●新入社員挨拶

まずは、社員代表挨拶として次の5名が、パーソルグループで「どんなことをやってみたいか」「どんなふうになりたいか」「どんなチャレンジをしてみたいか」の「Will」を発表しました。
Staffing SBU/パーソルテンプスタッフ株式会社の田口 ゆり子(写真)、Career SBU/パーソルキャリア株式会社の都築 駿、Professional Outsourcing SBU/パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の上原 大毅、Solution SBU/シェアフル株式会社の菅 ファイズルハサン、Specialized Services/パーソルホールディングス株式会社の鎌田 悠菜。
5名の挨拶は、どれも仕事を通して社会貢献や社会の課題解決を目指す素晴らしいものでした。

その後、新入社員全員で、自身の“Will”を約3分考え、投稿。投稿した“Will”はモニターで上映されました。



●感想のシェア

社員が投稿した感想はその場でモニターに映し出され、シェアされました。

・充実感を持ってはたらいている社員の方々を見て、不安が軽くなり、はたらくことが楽しみになりました。
・皆さんがそれぞれ熱い想いを持って入社していることに感動しました。
・改めて入社するという意識が芽生えた。さまざまなことに挑戦していきたい。
・みんな高い志を持って今日この場にいるんだなと再確認できました。自分も負けないように頑張って食らいつきたいです。
・パーソルグループの強さを感じました。
・グループ全体で「人のために」という意識が強いのだと分かった。また、自分が何をやりたいかを改めて考えることができました。

最後は、代表取締役副社長の高橋 広敏による挨拶が行われ、その後、役員の方々や社員からの多くのメッセージが映し出され、入社式は幕を閉じました。

このページをシェアする