【平田麻莉×片山徹之】会社員とフリーランスの境界線は曖昧に!?

パーソルグループは、7月17日よりウェビナーイベント「今、ニッポンのはたらくを考える会議」をスタートしました。
新型コロナウイルス(以下、コロナ)の影響を受け、ニッポンの「はたらく」が大きく変化しているいま、私たちは、一体何に備え、どのような行動をとるべきなのか。そんなこれからの「はたらく不安」に答えるべく、毎回、各領域の専門家をお招きし、さまざまな業界・職業の今後や私たちが自分らしくはたらくことができる未来について考えます。

7月17日(金)19時30分から行われた第1回目のテーマは、「フリーランスの実態からみる、新しいキャリアの描き方を考える」。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会代表理事の平田 麻莉氏をゲストスピーカーにお招きし、フリーランスの実態をふまえた、新しいキャリア自律の在り方について考えました。モデレーターはパーソルイノベーション株式会社で新規事業をリードする片山 徹之が務め、以下の3テーマについてセッションを行いました。

● コロナで変化するフリーランス。会社員のはたらく意識
● これから求められる“はたらくうえで重要なこと”について
● 明日から“自分看板”ではたらくために必要なこと

一部を抜粋し、ご紹介します。

●テーマ1:コロナで変化するフリーランス。会社員のはたらく意識

本セッションでは、まずは「そもそもフリーランスとは何か」や、直近のフリーランス関連のデータについて、平田氏が紹介しました。その後「Withコロナ以降、副業をしたい会社員やフリーランスに興味を持つ人が増えている」、「フリーランスの人は、その8割以上が今後も同様のはたらき方を望んでいる」ことなどの調査結果を踏まえ、これからのはたらき方について語られました。

平田氏:これからは会社員とフリーランスの境目はますます曖昧になっていくのではないかと思います。企業にリモートワークが普及したことで、基本リモートではたらくフリーランスの活躍の場は広がります。そうした中で、今後はフリーランスか会社員かというのは関係なく、自分が何者で、どんな価値を提供できるのか、だれと、どこで、どのようにはたらきたいのかーー、それらを考えていくキャリア自律が求められていると感じています。

●テーマ2:これから求められる“はたらくうえで重要なこと”について

スキルには、特定の職域に関する専門知識である「専門スキル」と、契約を交わす際に必要となる法務スキルや営業時の交渉スキルなどの「間接スキル」があり、フリーランスとしてはたらくには間接スキルが基盤となることが説明されました。その後、平田氏のキャリア形成の変遷とポートフォリオを紹介。さらに「現在のキャリアを築くために意識してきたことは?」という片山の質問に下記のように答えました。

平田氏:基本、行き当たりばったりで(笑)。あまりキャリアデザインとか計画してやっても意味がないと思っているんです。なぜなら、私自身、病気を宣告されたり、妊娠したりといった、必ずしもコントロールしきれないライフイベントもありましたし……。ハプニングだらけのその中で、前向きに楽しく選択肢をつくっていくしかないかな、と思います。ただ、自分が信じることや、あるべき姿、どうありたいのかという軸をぶらさないことは大事です。あとは、目の前の案件の期待値を必ずちょっと超える努力をする。その積み重ねでしかないと思います。

●テーマ3:明日から“自分看板”ではたらくために必要なこと

まずは、どのような方が“自分看板”で活躍されているかについて、トークが交わされました。

平田氏:フリーランスは「究極の成果主義」なので、パフォーマンスを上げないと報酬がもらえないという、非常にシビアなはたらき方です。でも、その糧となるスキルや経験値をずっとアウトプットしてばかりいると枯渇してしまいます。活躍し続ける人は、インプットとアウトプットのバランスを考えていると思います。自分の幅を広げるとか、信頼を蓄えるとか……。お金だけじゃない仕事の選び方をしていくというのも大切だなと思います。

そして最後に、平田氏から「“自分看板”ではたらくために、明日からできること」として下記が語られ、本セッションは終了しました。

「まずは、フリーランスとして獲得できる、お仕事のマッチングサイトなどに登録するのがいいと思います。キャリアの棚卸になると思いますし、報酬の相場感もわかります。一方で、セルフブランディングをしなきゃ、とか、インフルエンサーにならなきゃ、などと思う必要はまったくないと思っています。よく肩書から入る人がいますが、それよりも目の前の仕事を一つひとつ期待値を超えるようにやることが、キャリア自律のうえでは大事なことだと思います。焦って何かをするより、地道に専門性を磨いていく、自分を買ってくれる人を増やしていく、というのがいいと思います」

登壇者紹介

平田 麻莉氏
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会代表理事
日本ビジネススクール・ケース・コンペティション(JBCC)発起人、初代実行委員長。パワーママプロジェクト「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2015」、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」受賞。

 

片山 徹之
パーソルイノベーション株式会社
2004年インテリジェンス(現パーソルキャリア)に新卒入社、アルバイト求人メディア「an」の営業、営業企画、商品企画、マーケティング職を経て、現在はフリーランス領域の新規事業「エクスチーム」事業責任者を務める。

 

このページをシェアする