ノンコア業務をまるごとアウトソーシング!新サービス「ラクフィス」の“ラクラクさ”を開発者に聞いてみた

パーソルイノベーション株式会社は、テクノロジー×人の融合で、スタートアップ・中小企業を支援するパッケージ型クラウド経営管理BPO(※)「ラクフィス」の提供を開始しました。
(※)BPOとは、Business Process Outsourcingのこと。

「ラクフィス」は、企業における人事労務・財務経理部門の業務をまるごとパッケージ化して提供する経営管理BPOです。
「ラクフィス」の立ち上げのプロジェクトが始まったのは2019年。今回は、本サービスを起案した、パーソルイノベーション株式会社の野田 一利と島田 昌和の2人に、プロジェクトをスタートさせるに至った熱い想いから、サービス内容、今後の展望までを聞きました!
(写真左:島田 昌和、右:野田 一利)


スタートアップ企業や中小企業の経営者の方を、ノンコア業務から解放したい!

2人の情熱と構想が合致した

――「ラクフィス」では、どのようなことを叶えられるサービスなのでしょうか?

野田:ラクフィスは、人事労務、財務経理のルール、フロー、システムをまるごとパッケージ化したサービスです。特別な知識や設計も不要で、簡単に一定水準以上の管理と運用をすぐに実現できます。
経営管理には、財務経理業務における銀行振込データの作成や、人事労務業務における残業の計算など、時間も手間もかかる業務がたくさんあります。それらの煩雑な業務を、ラクフィスはまるごと承ることができるのです。



――このサービスを起案した背景を教えてください。

島田:私の友人や知り合いには経営者が多くいるのですが、彼らからお酒の席などで「経理や労務など専門知識が要る経営管理の仕事に、時間も思考力も奪われている。本来やりたいことができない……」というような悩みをよく聞いていました。その度に「スタートアップや中小企業がコア業務に力を注げる仕組みがなぜないのか、つくったほうがいいのではないか」と、ずっと課題感を感じていたんです。
そこで、長年抱えてきたこの課題に取り組みたいと、リーダーの野田に相談に行きました。

野田:私は公認会計士の資格を保有していまして、前職では会計監査や会計アドバイザリー業務を行っていました。不景気の中でも頑張っている経営者の方々と接する中で、「税理士・会計士・社会保険労務士といった専門職の人のネットワークがあれば、彼らをもっと支援できるのではないか」と考えるようになったんですね。
パーソルグループに転職してきてからもその構想は持ち続けていたのですが、ある日、島田から「こういうことをやりたいんだけど」と、提案がありました。それが、ラクフィス誕生のきっかけです。人事や財務といった各分野のエキスパートを雇用する余裕のないスタートアップや中小企業にとって、ノンコア業務への対応は、大きな課題の1つ。何とか解決したい!と、プロジェクトをスタートしました。



“テクノロジー×人”の融合
オープンイノベーションにより、ラクフィス一つでの簡単運用が可能に!

――革新的なサービスモデルかと思いますが、どのような仕組みで実現しているのですか?

島田:ポイントは3つあります。1つ目は、財務会計、勤怠管理、人事労務、給与計算などを行うため、他社のシステムと連携していること。2つ目は、労務手続き、給与計算、経費精算計上代行などの事務処理はパーソルグループのオフィスセンターにて対応すること。3つ目は、業務プロセスや、法令に沿った標準的な規程規則やルールもラクフィスで設計していることです。



――経理や人事などのシステムと連携しているとのことですが、お客さまはそれぞれのクラウドシステムを使うということでしょうか?

野田:財務会計、勤怠管理、人事労務、給与計算等を行うためのシステムとして、「会計freee」、「人事労務freee」、「SmartHR」、「IEYASU」と連携をしていますが、お客さまがログインしていただくのは、ラクフィス専用の管理システムだけです。

島田:それぞれのシステムを使いこなすのは、とても大変です。会計システムでは勘定科目を設定するなど専門的な知識が必要になりますし、労務領域も同じように、さまざまな専門的な設定をしなければなりません。でも、ラクフィスならそうした設定も請け負うので、専門知識は不要です。会社情報の入力などの初期設定もラクフィスの画面上で1度行っていただくだけですし、経理処理がどこまで進んでいるかなどのフローも、一目で分かるようになっています。

野田:オープンイノベーションを取り入れることにこだわったのは、ラクフィスの大きなポイントだと思います。経理にしても労務にしても、世の中にはすでによいプロダクトがあるのだから、一緒にできるに越したことはありません。その世界観に各事業者の方々も共感して、ジョインしていただけました。



――各種の手続きなど、事務処理もラクフィスに任せられるんですよね。

野田:い、労務手続き、給与計算、経費精算計上代行などの事務処理は、セキュリティが担保されたパーソルのオフィスセンターの中で、労務や経理の膨大な業務処理に習熟した専門知識を持つスタッフが行います。オフィスセンターだから欠員などの心配も不要ですし、給与計算など従業員の方々に開示せずに行えるのもメリットです。

――システムの連携、人材確保の両方を組み込んだサービスというのはほかには見られないサービスですね。

野田:はい。テクノロジーと人の力を融合したサービスを提供できるのは、人材サービスの知見とIT面のノウハウの両方を持っているパーソルグループだからこそだと思っています。


「ラクフィス」は、いわば“既製の吊るしの服”
オーダーメイドでないからこその価値がある

――すべての企業が抱える事情にフィットするサービスなのでしょうか?

島田:その企業オリジナルの「●●休暇」などがあったり、勤怠制度が曖昧だったりする場合は、ラクフィスがフィットしにくいこともあるかもしれません。しかし、今のところ、お客さまとお話をしている中でネガティブな反応が返ってくることはほとんどありませんね。むしろ、「ラクフィスの導入を機に、法令に沿ってきちんとした規程規則をつくりたい」という企業さまが多いです。



――特にスタートアップ企業に多そうですね。

島田:そうですね。財務経理分野も人事労務分野もさまざまなことが法令で決められています。だからこそ専門家がいるわけで、素人がそれらをすべて理解して取り入れるのは、至難の業です。でも、ラクフィスでは雛型を用意していますので、そちらに沿っていただければ法令に沿った規程規則になりますし、さまざまな処理についても、いつ何をすればいいかも分かるようになっています。

野田:服で例えると分かりやすいかもしれません。コンサルタントの方がいちからサポートするのがオーダーメイドの仕立て服だとすると、ラクフィスは既製の吊るしの服。オーダーメイドのようにぴったり!というわけではないけれど、ほとんどの方の体に合います。そして安い(笑)。

――まさにかゆいところに手が届くサービスですね。

島田:はい。専任を雇うほどの業務量ではないけれど、必ず発生する人事労務・財務経理部門を誰かに任せたいと思っているスタートアップ企業や、中小企業の経営者の方の右腕になれると思いますね。

――最後に、今後の展望を教えてください。

野田:将来的には、総務や知財法務などの分野など、会社の経営管理に必要な部分について網羅できるような機能を追加していきたいと思っています。もちろんオープンイノベーションで。そうして、世の中皆さんの「はたらいて、笑おう。」を実現していきたいと思います。

ありがとうございました。



●「ラクフィス」について詳しくはこちらをご覧ください。

パーソルイノベーションでは、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現に向け、「ラクフィス」によるスタートアップ・中小企業の経営支援を通じて、日本企業の健全な成長をサポートするとともに、日本社会・経済の永続的な成長、発展への貢献を目指します。

このページをシェアする