25,000人の働き方を変える!複業解禁・服装自由化・フレキシブルワーク推進開始

パーソルグループ29社25,000人を対象に、
柔軟な人事制度の導入と、多様なキャリアパス支援の取り組みを開始。

パーソルグループは、「Diversity, Inclusion & Equality(ダイバーシティ、インクルージョン & イクオリティ)※1」の取り組みとして、国内グループ29社25,000人を対象に、複業解禁・服装自由化・フレキシブルワーク推進などの柔軟な働き方支援制度の導入および、社員向けの意識改革や生産性向上の研修などを通じた、多様なキャリアパス※2支援の取り組みを2019年4月より順次開始します。

背景

現在、パーソルグループの社員は国内外を合わせると30,000人以上です。
パーソルグループとして社会に価値を発揮していくには、まず社員一人ひとりが互いの価値観や強みを理解し、グループ間で活発に交流できるようにすることが第一歩。さらに、国籍や文化など背景の異なる多様な社員が、自分らしい働き方で活躍できる制度や風土の整備を進め、自らの価値を最大限に生かせる風土をつくりたいと考えています。
この風土のうえに、これまでにない新たな発想やイノベーションを起こし、既存サービスの強化・進化や社会課題の解決に繋がる新サービスの創造を通じて、グループビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」実現を目指します。

概要

国内グループ各社において以下の取り組みを開始します。

① 多様な働き方促進

「複業」の解禁:自己実現や経験・価値観・スキルの社会還元などを目的に実施。
ドレスコードの原則自由化:自身で合理的な服装を選択し、生産性を高めるために、服装に関するルールは設けず、各自にて判断。
フレキシブルワーク:フレックス勤務・時短勤務・日数限定勤務を制度化。(一部例外あり)

② 多様なキャリアパス支援

女性管理職比率アップ:2023年までに全社の女性管理職の割合を引き上げる。
多様な社員向け研修・イベントを開催:ライフイベントとの向き合い方、管理職への不安払拭など、キャリア形成の支援を実施。
業務効率・生産性向上:能率向上プログラムの実施を通じて、長時間労働をよしとしない組織風土を醸成する。

※1 Diversity(ダイバーシティ):多様性。雇用の機会均等、多様な働き方。
Inclusion(インクルージョン):包括・包含。個々を尊重すること。
Equality(イクオリティ):等しいこと・同等・平等・対等。権利や利益が等しくあること。

※2 社員が、自身の目指すキャリアを踏まえたうえで、どのような形で経験を積んでいくかという順序・計画のこと。

パーソルグループのDiversity, Inclusion & Equalityサイトは、こちらよりご覧いただけます。

このページをシェアする